grape [グレイプ]

なぜ成功できたのか バスケットの神様『マイケル・ジョーダン』の名言

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

バスケットボールの神様『マイケル・ジョーダン』

15年間にわたる選手生活で得点王10回、年間最多得点11回、平均得点は30.12点でNBA歴代1位。まさしくバスケの神様と呼ぶにふさわしいジョーダンですが、スーパースターは常にプレッシャーとの戦い。

一体どのような気持ちでプレイに臨み、打ち勝ってきたのか。

そこには、ジョーダンの揺るがないメンタルがありました。もし、あなたが学校や仕事、日々の生活の中でうまくいかず「勇気が欲しい」「元気をもらいたい」と思うなら、ぜひじっくり読んでみてください。

マイケル・ジョーダンの名言

今までに9,000ショットのミスをした。

300ゲーム負けた。

ウイニングショットは26回外した。

失敗して、失敗して、失敗し続けた。

だから成功した。

目標を達成するには、

全力で取り組む以外に方法はない。

そこに近道はない。

どんなに正しい技術を持ち、

倫理的であり、心の準備をしていようとも、

うまく行かないときはある。

勉強や仕事、なんでも同じだ。

“無理だ”と口にしないこと。

限界や恐怖なんて、ほとんどがただの幻想だ。

OPEN MCDONALD : PSG RACING - CHICAGO BULLS

偉業を“成す”前に、

まずは自分自身にそれを期待しなければならない。

何かを始めるのは怖いことではない。

怖いのは何も始めないことだ。

僕はつねに実践することでチームを引っ張ってきた。

これは僕の性格だ。

僕は言葉で引っ張ったことは一度もなかった。

言葉で引っ張ろうと考えたことさえなかった。

なぜなら、言葉が行動に勝ることはないと思っているからだ。

ボールが手から離れたあとは、何もできないのだから。

ボールを手から放したあとは、何も考える必要はない。

20387_01

成功したいと思うなら、自己中心的でなければいけない。

だが、もし最高のレベルに達したなら、自己中心的であってはいけない。

一人になってはならない。

一瞬でも基本を忘れたら、根本から崩れ去ってしまう。

スポーツにおける正しい技術、会社における倫理、心構えといった基本を忘れたら、試合に勝てないし、

会社や学校で成績をあげることもできない。

愛とは、すべての試合を、まるで最後の試合であるかのようにプレイすることだ。

ここまでいかに大変だったかではない。やり抜くかどうかだ。

どの言葉も、ジョーダンのいつも全力で臨む姿があるからこそ響く言葉ですね。

誰にでも失敗を恐れたり、前に進むことが怖いときがあります。そんなときに、力強く背中を押してくれるマイケル・ジョーダンの名言。しっかりと心に留めておきたいですね。

Share Tweet LINE