grape [グレイプ] lifestyle

奥さんが旦那ケアで気にするのは、ファッションが第2位! 1位と3位は一体何?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

「今の旦那と結婚してよかった!」「んー、もっと別の人生があったかも…。」結婚生活に慣れるにつれ、妻の心内は様々かもしれません。

そんな奥様たちの夫への想いや行動が、夫の年収に影響を及ぼすという調査結果が出たというのです!

夫を支える妻と放任する妻の平均世帯年収の差は約140万円!?

22499_11

これは、マンダムが20〜59歳の既婚女性を対象に実施した、夫へのケア意識に関する意識調査。その驚きの結果を見てみましょう。

4タイプの妻像

調査結果によると、今どきの妻は大きく4つのタイプに分けることができるそう。バロメーターは『夫のケアのお手伝いをしているか否か』と、それが『夫のためなのか、それとも自分のためなのか』の2つです。

4つのタイプを、夫婦修復カウンセラーの鈴木あけみ先生は次のように分析しています。

22499_01

さらに、それぞれの妻のタイプ別に平均世帯年収を見ると、「プロ妻」の平均世帯年収は791.7万円と4タイプで最も高いことがわかりました。調査結果で最も低かった「放任妻」と比べると、「プロ妻」の平均世帯年収は約140万円も高いのです。

『プロ妻』って、どんな妻?

プロ妻はホメ上手

鈴木先生は、「男性の本質は『承認欲求』」だと言います。夫は妻から気にかけて欲しい、優しい言葉をかけて欲しいだけなのです。それだけで、夫は仕事も プライベートも頑張れる。仕事へのモチベーション、意欲が上がる事で、収入にも影響しているのかもしれません。つまり、夫を伸ばすのはホメ上手な妻なのです。

22499_12

また、プロ妻は夫婦でのコミュニケーションが良好なんです。調査結果でも、プロ妻は平日3.8時間、休日5.2時間会話をしているのに対し、放任妻は平日3.2時間、休日4.1時間。夫との会話を大切にし、親身に聞いてあげることが重要なのですね。

匂いも大事

プロ妻は、会話以外にも様々な所で夫のケアをしているようです。その中でトップ3は「食事(79.0%)」、「ファッション(60.9%)」、「ニオイケア(59.1%)」でした。夫のにおいまでチェックしているんですね!

22499_13

ニオイは、他人から指摘しにくく、本人の気付かないうちに、周囲に迷惑をかけている事も。ニオイが、夫の評価に下げてしまったり。それを考えると、夫のニオイケアは重要なことだということが、よりわかります。

さらに、コミュニケーションを怠らないプロ妻は、影でこっそり対策するわけではなく、一緒にデオドラント商品などを選んだりしているようです。指摘しにくかったり、言いにくいことでも、2人で共有して、一緒に取り組む事で、お互い前向きに捉えられたり、がんばれたりする。ここでも、夫婦仲の良さが出るんですね。

プロになんてならなくていいけれど

「プロ妻」がやっている事は、決して特別な事ではありません。ただ、「プロ妻」という呼び方にしっくりこないという方も多いかもしれません。なにも「妻」を極めたくて結婚したわけではありませんよね。

22499_14

この調査結果は、お互いを尊敬し合い、感謝し合う…そんな当たり前で大切なことを思い出させてくれます。初心に戻って、ふたりだけの幸せを築いていきたいですね。

Share Tweet LINE

page
top