grape [グレイプ]

「困っている人を発見!どうする?」日本初の実験、意外な結末が

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

(問題)
街中を歩いていると、目の前に困っている人を発見。あなたは、助けますか?

ちょっと変わった、ある実験をご紹介します。「自分ならどうだろう」と、ぜひ想像しながらご覧ください。

助けたい気持ちはある、でも実際は?

街中に現れた、移動販売のコーヒー店。すると突然…。

ガッシャーン!!

店員は手をすべらせて大量の缶を道にばらまいてしまい、慌てて拾い集めます。

手伝ってあげたほうがいいかな…。

その様子を横目で気にしながらも、みんな通り過ぎてしまいます。

  • 本当は、困っている人の力になりたいと思う 83%
  • でも実際に助けてくれた人 14%

急いでいるからか、恥ずかしさからか、声をかけるのをためらってしまう人がほとんどという少しさびしい結果に。

ところがこの後、ある『香り』によって人々の行動に驚くほどの変化が生まれたのです!

人の行動に変化をもたらした、『香り』の正体

ブオーーーーーーン

突然、台車のファンが回り出し、『あの香り』に包まれる一帯。そして、もう一度同じ実験を試します。

先ほどと同じように、缶を落としたり、木の枝に引っかかったビニール袋を取ろうとしたり、店員があたふたしていると…。

「あの、大丈夫ですか?」

「ちょっと待っててくださいね!」

道行く人たちが次々と彼に手を差し伸べてくれるではありませんか!ここまで人々の行動に変化をもたらした『香り』とは一体…。

実は、ファンから漂ってきた香りの正体は、『コーヒー』だったのです。

この実験の結果、コーヒーの香りがしない状態に比べて、香りを立ち込めた場合は手助けする割合がなんと約3倍も増加したのだとか!

日本初の実験!コーヒーの香りがもつ力とは?

この実験は、コーヒーの香りによって人の親切行動に変化が現れるかを検証するために、ネスレと東北大学が共同で行ったもの(※)

今回使用したコーヒーは、『ネスカフェ ゴールドブレンド』。そしてもちろん対象者は、何も知らされていない一般の人たちです。

コーヒーの香りが、嗅いでいる人をよい気分にさせ、その結果、他人に親切な行動を取らせるように働いたのではないかと考えられます。

実験に協力した東北大学大学院の坂井教授も、今回の結果にここまで明確な差が出るとは思わなかったそうです。

多くの人が「誰かの役に立ちたい」と心の底では思っているものの、知らない人へ手を差し伸べることには抵抗があるのかもしれません。

コーヒーのいい香りは、緊張した心をほぐし、背中をふわっと押してくれます。

「ありがとうございます。すみません、お忙しいところ」

「とんでもないです!いい香りですね」

さっきまでは知らなかった人なのに、お互い自然と笑顔になって、会話が弾みます。誰かの役に立てると、なんだか気持ちがいいものですよね。

人と人の間にある微妙な距離感を、ちょっとだけ縮めてくれる…コーヒーの香りには、私たちが知らない不思議な力があるようです。

あなたも『ネスカフェ ゴールドブレンド』を大切な人と味わいながら、普段は気恥ずかしくていえない感謝の想いを伝えてみてはいかがでしょうか。


  • (※)
    実験内容を知らされていない男女100名を実験会場へ集め、『ネスカフェ ゴールドブレンド』の香りがない状態で50人、 ある状態で50人、それぞれ「木に引っかかったものが取れない」「落とした物が転がってしまう」の2つのシチュエーションで困っている人の横を通過させました。
  • 実施期間:2017年10月10日(火)
  • 調査対象:
    一都三県在住の10代~40代 男女100人
  • 調査結果:
    ネスカフェ ゴールドブレンドの香りなしの場合 助けてくれた人数11回/77回
    ネスカフェ ゴールドブレンドの香りありの場合 助けてくれた人数38回/82回

[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top