grape [グレイプ]

どうしても猫が飼いたい13歳の妹 パパへの『説得』に爆笑する人続出!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

アメリカのテキサス州に住む大学生のダニエル・グラビシック(@Itsssdanielle)さんには、13歳の妹がいます。

幼い妹さんには、『願い』があるそうです。それは…。

「猫が飼いたい!」

どうしても猫が飼いたい妹、『凄まじい説得』をする!

猫と一緒に暮らすには、家主であるお父さんの許可が必要です。しかし、「ちゃんと面倒を見ます」とお父さんに手紙でお願いしても、聞き入れてもらえなかったそうです。

「OK」といってくれないお父さんを説得するため、妹さんがとった手段とは…!

出典:@Itsssdanielle

出典:@Itsssdanielle

出典:@Itsssdanielle

壁に貼られたのは、たくさんのメッセージと写真!紙には、こう書かれています。

「お願いお願いお願いお願いお願い!」

「家族の愛を知らない猫たちを、1人ぼっちのまま死なせるの?」

「あなたは、罪のない猫を殺しています!」

「あなたのせいで、猫たちは狭いオリの中で泣きながら死んでいくの…」

「無視しないで!」

保健所にいる猫の写真をプリントアウトし、悲しさをアピール。さらに妹さんは、泣いている猫の絵を描きました。

そして、壁には悲壮感あふれるメッセージが…これは、お父さんの良心にグサッと刺さること間違いなしです。

「私の妹は、父を説得するために『悲しみの壁』を作りました!」

妹の斬新な説得方法に、ダニエルさんは爆笑!自身のTwitterに『悲しみの壁』の写真を投稿すると、ネット上でまたたく間に拡散されました。

そして、気になるのはお父さんの反応。『悲しみの壁』を見たお父さんは…。

出典:@Itsssdanielle

娘さんの説得に折れ、猫を迎え入れることに!

『悲しみの壁』ができた数日後、家族で地元の保護施設に行き、新しい家族を見つけたのだそうです。猫はミッテンスと名付けられ、ダニエルさんたちと毎日幸せに暮らしています。

動物を飼うということは1つの命の責任をとるということであり、簡単に決められることではありません。ですが、こんなにも強い想いがある妹さんなら、きっと最後まで猫を幸せにしてくれることでしょう。

この素敵な出会いは、妹さんの必死の説得あってのことですね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@Itsssdanielle

Share Tweet LINE コメント

page
top