grape [グレイプ]

1着になった競走馬の『珍名』にネット上がざわつく事態に そのワケとは

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

2020年11月8日に、福島競馬場で開催された『西郷特別』。

16頭のウマのうち、1着でゴールインしたウマの名前にネット上がざわつく事態となりました。

この日は、2番人気だったウマが1着となったのですが、その名前が口に出して読みたくなるような珍名だったのです。その名前がこちら!

オヌシナニモノ

レース終盤で前に出てきた『オヌシナニモノ』。

ゴール直前で、ほかのウマを追い越し1着になると名前にあわせてネット上では「お主、何者!?」といった声が多く上がりました。

・実況で、ゴール直前に「オヌシナニモノだー!」っていっていて、まさにこの瞬間のための名前だと思った。

・このウマにはもっと活躍してもらいたい!名前をずっと聞いていたいです。

・クセが強い!レースを見て笑ってしまった。

また、ほかにも『珍名馬』はたくさんおり、『ビックリシタナモー』や『アイアムハヤスギル』、地方競馬で活躍する『ナニスンネン』など、珍名に注目する人が続出しました。

ちなみに、『オヌシナニモノ』の名前の由来は「『御主、何者』と名前を知りたくなるくらい、勢いのある馬になるように」という想いを込めてつけられたのだとか。

まさに、名前に込められたように多くの人の注目が集まったようですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Umabi_Official

Share Tweet LINE コメント

page
top