grape [グレイプ]

政治

「政治」に関する記事一覧ページです。

「もっと広まってほしい」 選挙カーで母親が怒りに震えた理由に「本当にこれ」「泣きそうになった」

ストーリーBy - grape編集部

選挙の投票日が近付くと、人が多い場所を中心に、街のいたる所で候補者による選挙活動を目にします。 街頭演説だけでなく、選挙運動用自動車(通称:選挙カー)による拡声器を使った呼びかけも、代表的な方法です。 選挙カーは、活動時…

市川猿之助の『休業要請への苦言』に「よくぞ言ってくれた!」 理不尽な要請に怒り

エンタメBy - grape編集部

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2021年4月25日に三度目となる緊急事態宣言が東京都、京都府、大阪府、兵庫県の4都府県で発令されました。 大型連休であるゴールデンウイーク終了後の5月11日までを対象としており、政府…

梅沢富美男、菅首相の「生活保護」発言に激怒 「よくぞ言った」「スカッとした」

エンタメBy - grape編集部

2021年1月現在、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が感染拡大して、もうじき1年が経とうとしています。 感染拡大を防ぐため国民は外出を自粛せざるを得ない状況になり、外食産業や旅行事業を中心に日本経済は大き…

政治家の『密』にカズレーザーがズバリ苦言 「よく言ってくれた」「的を射てる」

エンタメBy - grape編集部

2021年1月現在も新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)が猛威をふるい、世界中で多くの人が感染しています。 日本でも東京都内だけで毎日千人近くの新規感染者が確認されており、政府は引き続き感染対策に努めるよう呼…

河野大臣、救急車の高速道路利用を完全無料化 発表に「むしろ今まで…」の声

ニュースBy - grape編集部

2020年10月30日、行政改革・規制改革担当相を務める河野太郎大臣が、救急車の高速道路利用を完全無料化することを記者会見で明かしました。 産経新聞では、今回の河野大臣の発表について、このように報じています。 救急車の高…

深夜の閣僚会見に、河野太郎が苦言 ネット上で「いいツッコミ」「スカッとした」の声

ニュースBy - grape編集部

2020年9月16日午後、自民党の菅義偉総裁が衆参両院本会議で第99代首相に選出。 同月17日未明に、首相官邸で各閣僚が順番に記者会見を行いました。 この日、14番目に会見を行ったのは、菅内閣の行政改革・規制改革担当相に…

木村花さんの件を受け、誹謗中傷の特定を簡易化へ 「抑止力になりそう」の声

ニュースBy - grape編集部

2020年5月23日、女子プロレスラーである木村花さんが亡くなりました。 22歳という若さでこの世を去った、木村さん。自宅に遺書が残っていたため、警視庁は自ら命を絶ったと見ています。 木村さんはバラエティ番組への出演をき…

『サタデージャーナル』上田晋也の最後の言葉に称賛の声 「世を変えるのは政治家ではなく…」

エンタメBy - grape編集部

お笑いコンビ『くりぃむしちゅー』の上田晋也さんの冠番組である、情報番組『上田晋也のサタデージャーナル』(TBS系)。 2019年6月29日に放送された最終回で、上田さんが発した言葉が話題になっています。 『上田晋也のサタ…

政治家の『失言防止マニュアル』にミタパンが苦言 「正論すぎる」「全文同意」と話題

社会By - grape編集部

たびたび世間を騒がせる、国会議員による失言。 2019年5月16日、日本維新の会に所属する丸山穂高衆院議員は北方領土の元島民に「戦争でこの島を取り返すのは、賛成か反対か」と発言し、批判の声が殺到しました。 国会議員による…

「嘘つきは戦争の始まり」宝島社の企業広告に「攻めすぎ」の声 その意図に考えさせられる

社会By - grape編集部

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」「ヒトは、本を読まねばサルである」といった、インパクトのあるキャッチコピーを発信する株式会社宝島社。 1998年から続く宝島社の企業広告は、「商品では伝えきれない『企業として社会に伝えたい…

明石家さんまに『出馬』のオファーがこない! 理由を聞いて「分かる気がする」

エンタメBy - grape編集部

2018年3月5日に放送されたバラエティ番組『痛快!明石家電視台』(MBS)で、明石家さんまさんが政界からのオファーについて言及。 オファーがこない理由を、タレントで元宮崎県知事の東国原英夫さんが語りました。 各政党のリ…

なぜ 「ヤフオクで美術品落札」が違法ではない!? 政治資金規正法のからくり

ライフスタイルBy - grape編集部

最終的には舛添東京都知事の辞職願提出という決着を見た、政治と金の問題。 新党改革に所属していた際に受け取った政党助成金400万円を離党時に返還しなかった、いわゆる「ネコババ疑惑」に始まり、不適切な政治資金の支出が指摘され…

page
top