「しゃがんだら目の前に股間!」斎藤工が恥ずかしい過去を告白

提供:産経新聞社

サンシャイン池崎さんのハイテンション芸を完コピするなど、バラエティの分野でも活躍を見せる俳優の斎藤工さん。

2014年に放送されたフジテレビ系ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で注目を集めてブレイク。一気に活動の幅を広げました。

しかし、2001年のデビュー以来、ヒット作にめぐり会えず、下積み時代が長かったことをさまざまな番組で明かしています。

そんな下積み時代のエピソードについて、斎藤さんは2017年4月18日に放送された日テレ系の情報番組『PON!』で告白。

TV番組で明かしたことのないエピソード

そんなテーマで話を振られた斎藤さんは、下積み時代のアルバイトについて語ります。そこで飛び出したのが「ハロープロジェクトのコンサート警備をしていた」という事実。

具体的には、「あやや」こと松浦亜弥さんのコンサートなどで、ファンが指定の観覧エリアから飛び出して来ないように、ロープを押さえるなどの仕事だそうです。

警備中は、コンサートを観ることもできず、ヒザをついてロープを押さえる斎藤さんの目の前にあったのはファンの股間

一生懸命に声援を送るファンの唾液が、斎藤さんにかかってしまうことも珍しくなかったといいます。そんなハプニングに対し、斎藤さんは番組中で次のように語ります。

「ツバがガンガンかかるんですけど、美しいと思いましたね」

「そのために日々働いて、本当に幸せな瞬間を楽しんでいるという」

PON! ーより引用

ファンの心境がよく分かってる!!!

アイドルファンに寄り添ったコメントに、Twitterが盛り上がります。

  • 斎藤さんにそんな時代があったとはビックリした。
  • ツバがかかることにそんなに好意的とか…どんだけいい人だよ!
  • 警備のスタッフの中には未来の斎藤さんがいるかもしれないな。

斎藤さんは下積み時代、警備スタッフのほかに新聞配達のアルバイトもしていたそうです。

過去には『タウンワーク マガジン』の取材に対し、働くことの意味について次のように語っています。

同じ地区を担当していた配達員の方は年齢も境遇も様々で、僕のようなアルバイトもいればこの仕事で生計を立てている人もいらっしゃいました。

長年やっている方が「あの家は犬がいるから気を付けて」とか「この家は物音に敏感だから慎重に配達して」などいろいろな情報を教えて下さって、すごく勉強になったんです。

アルバイトだろうが社員だろうが、仕事を続けることでそれが職業になってくるんだなと実感しました。

当時は僕自身も将来に対して悩みながらバイトをしていたので、先輩方がどんな風に仕事に取り組んで、どのような生活をしているのか、ということに触れて“働くとは続けることだ”と働く意味を見い出せたんです。

タウンワーク マガジン ーより引用

小さなことに対しても、自分なりのやりがいを見付け、しっかりと仕事に向き合う素晴らしい姿勢です。

多くの視聴者が斎藤さんに魅了されるのは、その整った容姿だけでなく、内面から湧き出る「誠実さ」や「強さ」にも理由があるのかもしれません!


[文・構成/grape編集部]

出典
PON!@ponnnopタウンワーク マガジン

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop