grape [グレイプ]

ダイバーお手柄!1600年前に沈没した船から『古代ローマの遺物』発見

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

イスラエル北部に位置する、紀元前25年ごろに建設した古代都市『カイサリア』。

海辺を拠点とするこの都市では、ユダヤ人やギリシャ人といった多民族が生活し、船を使った貿易が盛んに行われていました。

そんな港湾遺跡カイサリアで2016年5月16日、イスラエル考古学庁は古代ローマ時代の稀少な遺物を発見したと発表しました。

遺物が発見されたのは、およそ1600年前の古代ローマ後期に沈没したと思われる船。数週間前に2人のダイバーが偶然発見したこの船は、カイサリアに入港する際に嵐に巻き込まれ、積んだ宝もろとも海底に沈んだと推測されています。

今回発見されたのは、これら古代ローマの遺物。

  • 太陽の神『ソル』の小像
  • 月の神『ルナ』の小像
  • アフリカ人奴隷の頭を模したランプ
  • ブロンズ像の破片
  • イノシシ、クジラ、ハクチョウなどの形をした工芸品
  • 古代ローマの紙幣

イスラエル考古学庁は、今回の発見についてこのように述べています。

古代において、金属製の像は再利用するために溶かされることが多いため、考古学的にとても貴重。
こうした発見はイスラエルでは過去30年間で初めてです。

イスラエルでは2015年、1000年以上前の金貨をダイバーグループが発見。さらに2016年2月には、3400年前の石像を7歳の少年が発見し、話題になりました。

もしかすると、まだまだ多くの遺物が地中で眠っているかもしれません。夢が広がりますね!

Share Tweet LINE コメント

page
top