grape [グレイプ]

こんなサメ見たことない! ダイバーに「ナデナデして~」とおねだり

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Ricks Dive School

サメにはいろいろな種類がありますが、一般的なイメージは獰猛で人間に危害を加える恐れのある危険な生き物と思われています。

例えば自分がダイビングをしていると、想像してみてください。海の生き物を観察中。気分よく泳いでいたら、だんだんと迫ってくる大きな姿が…わっ、サメだ!!

「もうだめだ、喰われる」

「人生、終わった…」

…だなんて思ってしまうかもしれません。

ところがオーストラリアにそんなイメージを覆すサメがいるのです。

オーストラリアのニューサウスウェールズでダイビングスクールを経営しているリックさん。彼は海の中に仲良しの友達がいます。
それは雌のポートジャクソンシャーク!

The Dodo ーより引用(和訳)

わ、笑ってる!?

サメの本当の気持ちはサメに聞いてみないとわかりませんが、客観的に見ると笑っているかのようです!

名前はついていないこのサメの子とリックさんが初めて出会ったのは約7年前。まだ小さな赤ちゃんだったサメを見たリックさんはそーっと近づいて優しく撫でてあげたのだそう。

それ以来、毎年シーズンの初めにこのサメを見つける度に撫でてあげていたら、次第にサメのほうからリックさんを見つけると近づいてくるようになったということです。そしてリックさんに「ナデナデして~。」とおねだりするのだそう!

今ではリックさん以外の人たちにも甘えちゃうほど人間慣れしちゃってます。

The Dodo ーより引用(和訳)

リックさんはこのサメを含め、ほかのどのサメにもエサをあげたことはないのだとか。

「人々が思い込んでいるサメについての大きな誤解は、”彼らが皆、容赦なく人間を襲う人食いザメで、人間が海に入ってくるのを待ち構えている”というものです。」

そう話すリックさんはポートジャクソンシャーク以外の種類のサメたちともいつも安心して一緒に泳いでいるということです。

The Dodo ーより引用(和訳)

スキューバダイビング歴27年と言うベテランダイバーのリックさんは、自分とサメとの友情を見せることで人々のサメへの恐怖心を和らげることができたら、と話しています。

リックさんとポートジャクソンシャークの写真を見ていると、サメが本当にリックさんのことが大好きなのが伝わってきます。サメってこんなに人間に懐くものなんですね。驚きました。


[文/grape編集部]

出典
Ricks Dive SchoolThe Dodo

Share Tweet LINE コメント

page
top