grape [グレイプ]

糸井重里も完全同意! 良き先輩を見分ける、たった1つのコツ

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

漢気とも言い換えられる「よき先輩の条件」

それでは、糸井さんを始め、多くの人をうなずかせた「良き先輩を見分けるコツ」を、ご覧ください。

自ら泥をかぶれるか否か

たった1つ、これだけだと言います。

「具体的に泥をかぶるとは?」という質問に対しては、こう答えた指南役さん。

責任者として逃げないこと…これはとても大切なことなのかもしれません。

糸井さんも「泥をかぶること」の難しさと、次の「泥をかぶれる人」ができていく過程をこう説明します。

「責任はオレがとる!」

言う人はいるかもしれませんが、実際に問題が起こった時に、逃げずに責任を取り切る人はどれほどいるのでしょうか。

一方で、先輩から「コイツのためなら泥をかぶってやりたい」と思えるような後輩になることも大切、という指摘もありましたが、こちらもその通りでしょう。

先輩も後輩も、互いのために動けるような関係…実現するのは簡単ではありませんが、理想的な上下関係と言えるのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@cynanyc@itoi_shigesato

Share Tweet LINE コメント

page
top