grape [グレイプ]

実写版『アラジン』 ジーニー役のウィル・スミスの姿が衝撃的

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

実写化されることで話題を呼んでいる、ディズニーアニメ『アラジン』。

日本では2019年6月7日に公開予定で、2018年12月13日には、劇中の一部映像が公開されました。

そして、新たに映画の公式Instagramで劇中写真が公開され、さらにファンの期待が高まっています。

…しかし!!

写真を見た人たちから、ある『指摘』が相次いでいるともいいます。それは…。

ランプの精のジーニーが、ただのウィル・スミス。

※写真は複数枚あります。写真の左右に表示される矢印でご確認ください。

アニメ版のジーニーといえば、大きな身体に青い肌がトレードマークです。

そのため、配役が発表された当初「ジーニーはCGで、ウィル・スミスはジーニーの声優を務めるのでは」と予想したファンも多かったよう。

しかし、いざ蓋を開けてみると、『ランプの精』というよりかは魔法が使えそうなウィル・スミスです。

一部のファンからは不安視する声も上がっており、そうした反応はウィル・スミス本人にも届いていました。

その後、ウィル・スミスは自身の公式Facebookで、このようなコメントを発表しています。

本編では青い肌になるから安心してください。これはジーニーが人間の姿に変身している時の写真です。私が演じるジーニーは、本編のほとんどをCGI技術を使って表現される予定ですよ。

Will Smith ーより引用(和訳)

とはいえ、ファンから寄せられていた指摘は、決してブーイングだけではありません。むしろ「ウィル・スミス演じるジーニーが楽しみで仕方がない」という声も多く聞こえてきました。

ディズニーは、2017年にも『美女と野獣』をエマ・ワトソン主演で実写化し、大ヒットを記録しています。

そんなディズニーが手がける実写版『アラジン』だからこそ、期待が高まるというもの。今後の続報に期待です!

(c)Disney


[文・構成/grape編集部]

出典
「アラジン」特報disneyaladdinWill Smith

Share Tweet LINE コメント

page
top