grape [グレイプ]

人気漫画で学ぶ!大人になった今だからこそ知っておきたい成人期ADHDとは?

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

「昔から忘れ物をしやすい」「気が散りやすい」「優先順位がつけられない」「一生懸命やっているのに、上手くいかない」

こういう特徴を、『性格』や『能力不足』のせいにしていませんか? もしかしたらそれには、別の原因があるのかもしれません。

これからご紹介する作品は人気漫画「ブラックジャックによろしく」の主人公、斉藤先生の元へ、悩みを抱えた患者さんが訪れるところから始まります。

高橋雄三さん(33歳)会社員の場合

14650_01
14650_02
14650_03
14650_04
14650_05
14650_06
14650_07
14650_08
14650_09
14650_10
14650_11
14650_12
14650_13
14650_14
14650_15

仁志 駿さん(21歳)学生の場合

14650_16
14650_17
14650_18
14650_19
14650_20
14650_21
14650_22
14650_23
14650_24
14650_25
14650_26
14650_27
14650_28
14650_29
14650_30

不注意さや多動性・衝動性が特徴的なADHD。子ども特有の発達障害というイメージがありましたが、成人期ADHDの有病率は1.65%との報告があり(※2)、近年になって成人でもADHDに悩んでいる人が数多くいることが分かってきました。

以下のサイトでは、今回ご紹介したもの以外のケースも漫画で読むことができます。


監修:
東京都立小児総合医療センター 顧問 市川 宏伸 先生
奈良県立医科大学 医学部 看護学科 人間発達学 教授 飯田 順三 先生

協力:
NPO法人 発達障害をもつ大人の会(DDAC) 代表 広野 ゆい 氏

タイトル:ブラックジャックによろしく
著作者:佐藤秀峰
サイト:漫画 on web

※1 本ページは一般の方にもADHDの疾患理解を深めて頂くことで、ADHDを抱える当事者が周囲からより適切なサポートを受けられるようになることを目的としています

※2 日本人における疫学調査
中村和彦ほか:精神科治療学, 28(2):155-162, 2013

Share Tweet LINE

page
top