grape [グレイプ]

ハプニングに動じず、勸玄くんが1人で4分の長ゼリフを披露! 涙を流す観客も

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2019年7月15日、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが、自身のブログで急性咽頭炎による休演を発表。

海老蔵さんは東京の歌舞伎座で行われている『七月大歌舞伎』に出演していましたが、海老蔵さんの休演によって15、16日の夜の部は公演中止になりました。

病気によって、声が出なくなってしまったという海老蔵さん。ブログで「歌舞伎俳優として苦渋の決断でございます」とつづり、該当する公演の観客に謝罪をしました。

海老蔵の休演を受け、勸玄くんが1人で長ゼリフを披露!

『七月大歌舞伎』には、海老蔵さんの息子である勸玄(かんげん)くんも出演しています。

海老蔵さんの休演を受け、昼の部で海老蔵さんと勸玄くんが親子で共演していた『外郎売(ういろううり)』の場面は一部演出を変更。

勸玄くんは父親の休演というハプニングをものともせず、約4分もの長ゼリフの早口言葉を見事に披露しました。

1人で花道を堂々と歩き、長ゼリフを披露した勸玄くんの姿に、観客は心打たれました。終演後、ネットに多くの感想が投稿されています。

・勸玄くんが頑張ってるのを見て泣いちゃった。本当に強い子だなあ。

・海老蔵さんが休演なのは残念だけど、勸玄くんの活躍を見守りに行きます!

・勸玄くん、すごい!あんなに長いセリフを、どうやったら堂々といえるようになるんだろう。

・母を亡くし、頼れる父も病気でダウン。それでも立派に舞台に立つ勸玄くんを見たら、自分が恥ずかしくなった。

観客の投稿によると、勸玄くんの姿を見て涙を流す人もいたそうです。

同日夜、海老蔵さんはブログに「おかえり」というタイトルで記事を投稿。勸玄くんの写真と共に、このようにつづりました。

ただただありがとう。そしてごめん。

よく出来たとみんなから連絡きました。涙。

市川海老蔵オフィシャルブログ ーより引用

6歳という若さで、歌舞伎役者として堂々とした立ち居振る舞いを見せた勸玄くん。

きっと母親の小林麻央さんも、空の上からその勇姿を見ていたことでしょう。


[文・構成/grape編集部]

出典
市川海老蔵オフィシャルブログサンケイスポーツ

Share Tweet LINE コメント

page
top