grape [グレイプ]

「寒くて調理が面倒」 野菜を大量に買い込んだらできる料理がこちら

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

正月を満喫した人々は、リフレッシュした状態で学校や仕事に向かったことでしょう。

しかし正月明けの身体は、忙しい日常に置いてけぼりにされてしまいがち。新年早々から、体調を崩してしまう人は多いものです。

中には正月に食べ過ぎて胃を痛めたり、体重の増加に悩んだりしている人も。

龍 真咲が身体のためにしている食事法

元宝塚歌劇団・月組のトップスターである龍 真咲(りゅう・まさき)さん。

自らがパーソナリティーを務めるラジオ番組『龍 真咲のMOONLIGHT PARTY』(ニッポン放送)で、食事で気を付けていることについて語りました。

「野菜の栄養をできるだけ逃がしたくない」と語る龍さん。

鍋を作ることにハマっている龍さんは、野菜や肉の栄養が溶け出した汁に塩を足すなどのアレンジをして、翌日にスープにしているそうです。

一度に多様な栄養が摂れて身体が温まる鍋は、調理に時間をかけたくない寒い時期にピッタリですね。

また、正月明けで体重が気になる人には、野菜をメインに食べるのがオススメとか。龍さんの場合、炭水化物や高カロリーの付け合わせより、キャベツを食べる工夫をしています。

カロリーを抑えつつ食物繊維やビタミンまで摂れるため、体調が整い美容にいいだけでなく、風邪予防にもなると龍さんは感じているそうです。

正方形に切ってそのままバリバリ食べたり、千切りにして電子レンジで温めて食べたりとバリエーションはさまざま。おいしいキャベツの食べ方を見つけて、普段の食事に取り入れるのもいいかもしれません。

オススメの食事法について、龍 真咲さんにインタビュー

※写真はイメージ

――『汁を無駄にしない』以外にしている鍋の工夫は?

私、食べている途中で結構飽きちゃうタイプなんですよ。

浮かんでいる具材を食べるのって、どの鍋もみんな同じじゃないですか。でも、いろんな食感の具材があったら飽きずに食べられるかなって。

どこかの旅館でいただいた料理は、白菜が千切り、大根もピーラーで薄く剥いたようなものがくるくるって巻かれていて、食べやすくて見た目もきれいだったので。参考にして、野菜を麺状にして鍋に入れて食べていますよ。

――鍋の具材として、特に何を入れる?

キノコ系は全部入れています。エノキ、シメジ、ナメコ、あとはキクラゲとかも。

ナメコは鍋の終わり際にサッとお湯に入れて、ツルツルッと。『ナメコと乾燥麺』のセットっていうのが1番好きなんですよ!

「キノコは食べると免疫を上げてくれる」って聞くし、やっぱり菌って身体によさそうじゃないですか。食物繊維も豊富だし。だから、気にして摂るようにしています。

また、「外食が続いて栄養が偏る時とかは、簡単に鍋」とも語る龍さん。胃疲れしている時も、野菜を柔らかく煮た鍋はピッタリでしょう。

手軽に栄養を摂り、身体の内側からキレイにして寒い時期を乗り越えたいですね!

龍さんのトークは、毎週水曜日21時30分から放送のラジオ番組『龍 真咲のMOONLIGHT PARTY』(ニッポン放送)で聞くことができます。

本番組を提供している丹羽メディカル研究所は、健康食品や基礎化粧品などの販売を続けている会社。創業から30年、科学と自然の調和をもとに人々の健康づくりに貢献しています。

番組内では、毎週5名に丹羽メディカル研究所の健康美人サプリメント3点セットなど豪華プレゼントも実施中。

龍さんの美や健康についてのトークをもっと聞きたい人や、丹羽メディカル研究所の商品について知りたい人は、毎週のラジオ放送をぜひチェックしてくださいね。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top