「またグローブを持って球場に」ネットで叩かれる少年に、山田選手がエール

2017年3月7日に行われたワールドベースボールクラシック(以下、WBC)のキューバ戦。4回裏の日本の攻撃中に、問題のシーンが起こりました。

チャンスの場面で、ヤクルトスワローズの山田哲人選手が打った当たりは、レフトスタンドに向かってぐんぐんと伸びて行きます。

スタンドに入った!

誰もがそう思った瞬間、球審がタイムをかけてビデオ判定に。すると、スタンドイン直前に、グラブを持参していた少年が、手を伸ばしてボールをキャッチしていたことが判明します。

「少年が捕球していなければスタンドに入っていなかった」と判断され、山田選手のホームランは取り消され、二塁打となります。

結果的に、日本はキューバに11-6と勝利しましたが、一歩間違えれば、大問題になっていたかもしれないシーン。しかし、ファンはこの少年を許してくれませんでした。

インターネットに、少年の名前や通っている学校、自宅の場所などが晒され始めます。少年の自宅へのイタズラ行為が、正当な報復であるかのように行われる状況に、多くの人が心を痛めていました。

そんな中、当事者と言ってもいい山田哲人選手が8日のオーストラリア戦後「少年に対してメッセージを贈った」と日刊スポーツが報じました。

山田選手はどのようなことを語ったのでしょうか。

同じ野球を愛する者として…

出典
日刊スポーツ

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop