「ファンはどこだ?」ビリー・ジョエルがコンサートで、最前列の席を売らない理由

※写真はイメージ

アメリカが世界に誇るミュージシャンの1人、ビリー・ジョエル。

1970年代から90年代にかけてヒット曲を連発します。日本でも『ピアノマン』や『素顔のままで』などの名曲で知られるトップミュージシャンです。

日本公演も数多く行われていて、1978年の初来日以来、全国各地で十数回のコンサートを行っています。

そんなジョエルが、コンサートの最前列のチケットを販売していないことを知っていましたか。

音楽誌『ビルボード』で語られた真実に、多くの人が「彼こそが本物のミュージシャンだ!」と賛辞の声を贈っています。

80年代に横行した転売屋

ジョエルも当初はコンサートの最前列のチケットを販売していたといいます。

しかし、人気絶頂の1980年代。彼はコンサートの最中にあることに気付いたのです。

最前列の席には裕福な連中が座り、葉巻をふかしていた。

「ほら、楽しませてみろ」といわんばかりの態度で。

横を見ればブロンドの女性をはべらせていたよ。

そんな時にふと思ったんだ。

「オレのファンはどこにいる」ってね。

billboard ーより引用(和訳)

ただでさえ高額な最前列のチケットは、いまでいう転売屋に買い占められ、裕福な人々へと転売されていました。

「ビリー・ジョエルの歌を間近で聴きたい」と思っても、一般のファンが手に入れられるような状況ではなかったのです。

こういった状況を悲しく思っていたというジョエルは、ふと後方の席を見て、嬉しくなります。

オレの本当はファンは、いつも後方の『最悪な席』に座っていたんだ。

それでね、思いついたんだよ!

billboard ーより引用(和訳)

本当のファンにこそ、近くで曲を聴いてほしいと思っていたジョエルは、コンサートの最前列のチケットを販売しないことにします。

そして、コンサート当日。最も安い席を購入したファンに、ランダムで最前列のチケットをプレゼントしたのです。

実際に、この幸運にめぐり会った人の家族が海外の掲示板Redditに、その時のことを投稿しています。

母がビリー・ジョエルのコンサートに行った時のこと。

突然、ジョエルが近づいてきて「あなたを最前列の席に招待します」といったんだ。

母が理由を尋ねると、彼は「最前列はブロンドの女性で埋めたいんだ」と粋なジョークで、エスコートしてくれたそうだよ。

多くの人から「オレの友人も席をグレードアップしてもらった」「男性にだって、ちゃんと最前列のチケットをプレゼントしてくれたぞ」と、さまざまなコメントが寄せられます。

そして、多くの人が使った「彼こそ本物のミュージシャンだ!」という言葉。

ビリー・ジョエルが長い間、世界中で愛され続ける理由はこういった『本当のファン』を大切にする気持ちを忘れないからなのかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
billboardReddit

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop