grape [グレイプ] trend

「アリーナ」「とりさんにきく」 家族だけに通じる『かぞく語』とは?

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

筆者の家庭では、子供と話をする時、松ぼっくりのことを『どんぐりおやこ』と呼びます。

長女がまだ小さい頃、どんぐりと松ぼっくりの見分けられず、すべてどんぐりと呼んでいました。

少し成長すると「松ぼっくりはどんぐりの親だ」と勘違いし、なぜか松ぼっくりだけを『どんぐりおやこ』というようになりました。

このように、各家庭の中でしか通じない『かぞく語』があるという人も多いのではないでしょうか。

ふみこ(taro_u_rakugaki)さんは2人の子供を育てる母親。ふみこさんの家庭にも『かぞく語』があり、Instagramでその内容を紹介しています。

『アリーナ』
テレビを目の前で観ること。育児中の人にはよくある光景ですが、アリーナで盛り上がりすぎてはいけないことがよく分かります。

『おだいかんさま』
ズボンのすそを踏んでいる様子。きっと成長して本物のお代官様を知った時、すんなりとその光景を受け入れることができるでしょう。

『とりさんにきく』
ツイッターで調べること。SNSで調べるところに現代っ子らしさを感じます。

ほかにも、『きんさん』や『うさぎさん』など、ふみこさんの家庭の『かぞく語』は、そのネーミングセンスに思わず吹き出してしまいます。気になった人は、ぜひInstagramでもチェックしてみてくださいね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

出典
taro_u_rakugaki

Share Tweet LINE コメント

page
top