grape [グレイプ]

「喪服で笑顔の写真を撮るな」 批判の声にモト冬樹が反論すると…

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

出典:モト冬樹 オフィシャルブログ

故人の冥福を祈り、供養するために親族などが集まる法事。

法事では故人の思い出話に花が咲くこともあります。

モト冬樹「喪服で笑顔はダメ?」

両親の法事に参加した、タレントのモト冬樹さん。

喪服を着て笑顔で撮った写真に「常識がない」「不謹慎だ」といった声が上がったことを受け、自身のブログで疑問を投げかけました。

私達夫婦が

喪服で
笑顔の写真を撮ると

常識がないとか
不謹慎だって言う人いるけど

なんで?

モト冬樹 オフィシャルブログ ーより引用

モト冬樹さんは、笑顔で写真を撮った理由をこのようにつづっています。

べつの世界に
行ってしまった両親に

楽しく
元気に暮らしてますよ
って知らせるには

笑顔の写真が
一番だと思うけど

さすがに

不慮の事故で
亡くなってしまってたりしたら
違うかもしれないけど

幸い

うちの両親は
生涯を全うできたと思う

モト冬樹 オフィシャルブログ ーより引用

モト冬樹さんが笑顔で写真を撮るのは、故人に「元気で暮らしていますよ」と知らせたいという気持ちが大きいようです。また、笑顔でいられるのは「両親が生涯をまっとうすることができたから」ということも1つの要因なのかもしれません。

さらに、亡くなった両親に対しての尊厳は忘れてはいけないと語ります。

もちろん

亡くなってしまった人への
尊厳は忘れていけない

そのために
喪服を着てるしね

でも

幸せに
暮らしてるという笑顔は
いいと思うんだけどね

モト冬樹 オフィシャルブログ ーより引用

モト冬樹さんの持論に、多くの人が共感の声を上げました。

・自分たちが元気で仲よくやっていることが、1番親を喜ばせると思います。

・同感です。楽しく幸せに暮らすことが供養ですよね。

・うちの親戚も法事では、おしゃべりざんまいです。笑顔でいることは不謹慎ではないと思います。

・もし、自分が先に亡くなったとしたら、家族には笑っていてほしいです。

・モトさんと同じ気持ちです。亡くなった人の思い出話を楽しくするのは、最高の供養です。

もちろん、悲しみが癒えていないのに無理に笑う必要はありませんし、涙が出てしまうことも間違いではありません。

とはいえ、いつまでも悲しみに暮れていたら、故人も安らかに眠ることはできないでしょう。

故人との思い出を大切にして、「自分たちは幸せにやっている」と伝えることが、最高の供養になるのかもしれませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
モト冬樹 オフィシャルブログ

Share Tweet LINE