grape [グレイプ]

ヒロシ、TVに出なくなった理由を明かす 「死ぬ前に逃げるという選択」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

「ヒロシです…」から始まる自虐ネタで人気を博した、お笑いタレントのヒロシさん。

ブレイク時、『エンタの神様』(日本テレビ系)や『爆笑レッドカーペット』(フジテレビ系)をはじめ、連日のようにバラエティ番組に出演していました。

しかし、極度の「あがり症」だったヒロシさんは、ブレイクから数年後、所属事務所に「TVにはもう出ない」と宣言。徐々にTVへの露出は減っていきました。

ここ数年は、TVで見かける機会もほぼなかったヒロシさんですが、現在ではYouTuberとして再ブレイク。

1人でキャンプを楽しむ動画が人気を集め、2018年には著書『働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける』も発売しています。

異なる環境を知るヒロシさんが、2019年5月8日放送の情報番組『バゲット』(日本テレビ系)で語った『幸福論』が話題です。

ヒロシ「死んだら終わり」

番組内で「お金ではない幸せを手にいれるヒロシ流幸福論」と題して紹介されたのは、以下の考え。

・苦労しても報われない

・逃げるが勝ちは正しい

ヒロシさんは、理由をこのように語ります。

「若い時の苦労は、買ってでもしろ」って、若い時にこんこんといわれてきて苦労をしてきたんですけれど、あれはなんの役にも立ちませんね。やっぱり自分の興味があることで苦労しないと。

バゲット ーより引用

そういって、ブレイク前にホストとして働いていた3年間を例にあげ「相当苦労したけれど、いまのこの芸能生活においてまったく役に立っていない」とヒロシさん。

その上で「どこで苦労するかの見極めが大事であり、むやみやたらに苦労しても仕方がない」と説明します。

さらに幸福論の1つに「逃げるが勝ちは正しい」をあげる理由も。

「TV出ない」って何年も前にいったんですけど、あの時なんでTVに出なかったかって、バラエティ番組でひな壇とかで何もしゃべれなかったんですよ。僕は動物に例えるなら、小鹿なんです。みなさんはクマなんですよ。クマ相手にシカが戦えますかって。もう逃げなきゃいけない。そこで死んだら終わりなんで、死ぬ前に逃げるという選択。

バゲット ーより引用

ヒロシさんが語る幸福論は反響を呼び、放送終了後にはネット上に共感の声が相次いで寄せられました。

・いいこというな〜。「ヒロシです…」のネタも好きだし、またTVで見たい。

・「見極めが大事」って、本当にその通りだと思う。

・働きかた改革を、誰よりも先にやっていたヒロシ。

もちろん、ヒロシさんの幸福論が誰しもに当てはまるとは限らないでしょう。

しかし、目標に向かって自分を追い込むあまり、生きづらさを感じてしまっては元も子もありません。

幸福の定義は人それぞれだからこそ、ヒロシさんのような幸福論があってもいいのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
バゲット

Share Tweet LINE コメント

page
top