grape [グレイプ]

「泣いた」「今までありがとう」 ペコちゃんからの閉店メッセージに感動の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

静岡県にある三島駅で見つけた看板を、カワムラサキ(@song_of_moon)さんがTwitterに投稿したところ大きな反響が上がりました。

37年間、三島駅で営業を続けてきた洋菓子店『不二家』。2020年8月20日に閉店することが決まりました。

不二家といえば、髪を2つに結んだ女の子『ペコちゃん』の人形が店の前に立っていることでも有名です。

そんなペコちゃんも、閉店には悲しんでいるようで「今日も頑張っているみんなへ」と題してメッセージを送っていました。

37年間、毎日毎日みんなの頑張る姿をここで見守ってきたけど、お別れの時がやって来ちゃった。
ペコが来た時、子供だったみんなももう立派な大人になって、ペコの身長を追い抜いていったもんね。

本当はもっとみんなと一緒にいたかったけど…。ずっーと一緒にいてくれた店長もだいぶ歳をとったしね(笑)。
私たち「頑張ったよね!ゆっくり休もー」っていっちゃった。

ペコはおうちに帰ります。でも、ペコがここ三島駅にいたことをみんな忘れないでほしいな。

本当に本当に長い間ありがとうね!
暑い日も寒い日も雨の日も頑張るみんなを応援しているよ!
みんな元気でねー本当にありがとう!またね!

ペコより。

37年間、三島駅で多くの人を見守ってきたペコちゃん。

閉店後は家に帰って、店長とともにゆっくり休むようです

ペコちゃんからのメッセージに多くの人が感動のコメントを寄せていました。

・思い出の場所がなくなっちゃう…。悲しいですね。

・ペコちゃんのメッセージを読んで泣いてしまった。

・ペコちゃん、お疲れ様でした。今までありがとう。

多くの人が幼少時代から通っていて思い出があったという、三島駅の不二家。

きっと、閉店までに多くの人が最後の買い物にやってくることでしょう。

ペコちゃんも最後のお別れを客に伝えたら、久しぶりに家でリラックスできるのかもしれませんね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@song_of_moon

Share Tweet LINE コメント

page
top