grape [グレイプ] lifestyle

寿司は握りたてを食べたい! くら寿司のちょっと贅沢な『できたてシリーズ』に注目

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

回転寿司チェーン店『くら寿司』で、新たに『できたてシリーズ』という商品がレギュラーメニューとして加わりました。

この『できたて』というフレーズについて、筆者は最初疑問を感じていました。

最近の回転寿司ではタッチパネルで発注して、その都度握ってもらうというスタイルも多いため、それとの違いが分からなかったからです。

そこで調べてみたところ、通常は注文された商品がいくつかそろった段階で提供されますが、『できたてシリーズ』は、スピード重視で即提供される点がポイントなのだそうです。

寿司の鮮度を保つために、1秒でも早く提供しようということですね。

また、『できたてシリーズ』は、通常メニューよりも高品質になっているようで、価格もひと皿220円と高めの設定になっています。

鮮度&品質重視の『できたてシリーズ』は、どのような仕上がりになっているのか、実食してみました。

海苔はパリパリ&具材のボリュームアップ

『できたてシリーズ』には、『巻きたて』『炙りたて』『揚げたて』『作りたて』の4種類があります。

その中から『巻きたて』『炙りたて』『作りたて』をピックアップして食べてみました。

こちらは『炙りたて』のWチーズサーモンです。

くら寿司の通常メニューで使われている『くら寿司特製の4種のチーズソース』に加え、レッドチェダーチーズも盛り込まれています。

まさに炙りたての状態で、表面のチーズが溶けてテカテカとしていました。

チーズは時間が経つとすぐに硬くなってしまいますが、『炙りたて』のWチーズサーモンは、チーズもネタも柔らかく、口の中でとろけるひと品でした。

続いて『巻きたて』の海鮮盛りです。

小さくカットされた海鮮がたっぷり乗っており、ボリューム満点です。

そして、写真でも見て分かるとおり、海苔がパリパリでした。

海苔に寿司ネタをくるんでかぶりつくと、パリッとした海苔の中に、肉厚な海鮮があふれてきて、かなり贅沢な海鮮巻きになっています。

『巻きたて』の寿司は、このような紙の台紙に乗せられているため、ネタが崩れず、手に取りやすい形状になっています。ちなみに、注文したネタは、ねぎまぐろです。

食べやすさへの配慮も嬉しいですね。

そして、こちらが『作りたて』の大切りまぐろです。

横からみると、その肉厚さが伝わるでしょうか。

『作りたて』では、ネタの仕様やトッピングに変化はないのですが、ネタの品質が上がることで、より贅沢な寿司になっているようです。

『できたてシリーズ』は、ネタの品質へのこだわりを感じました。

いつものくら寿司より、ちょっと贅沢な気分を味わいたい時には、ぜひ『できたてシリーズ』を食べてみてくださいね。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top