grape [グレイプ]

「金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ」殺処分の現場からの悲痛な叫びに涙

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

いまだ多くの動物たちが、保健所で殺処分されている現在。目に見えていないだけで、こうしている間にも尊い命が次々と消えていっています。

保健所に勤務していた渡辺さんは、当時を振り返り「金曜日の朝が辛かった」と語ります。金曜日の朝に、殺処分を行うからです。最期の瞬間まで人間を信じてくれている犬たちを、殺さねばならなかった苦悩、想像もできません。

殺処分の現場からの声、じっくり読んでみてください。

金曜日の朝、どうかシッポを振らないでくれ

私は金曜日の朝が辛いです。

数日間なれど、飼い主からの連絡を待ちながら、飼い主の代わりに世話をしています。

飼い主を捜したり、餌を与え、便の後片付けをし、日光浴をさせ、 頭をなでてやり、 限られた時間できるだけの情を注いでいます。

情を注げば可愛く思えてきます。

金曜日は殺処分するために処分場へ犬を運びます。

情を掛けた子(犬)をおくりだすときの、 我々職員の心境を考えてみてください。

金曜日の朝、私の心はこうです。

シッポを振りながら私を見ないでくれ!

「餌の時間かな?」と疑いのない目で見ないでくれ!

遊ぼうって擦り寄らないでくれ!

子(犬)は、殺処分したくない。

憎しみで牙をむいて吠えてくれ・・・・・・その方が、私の心は痛まずにすむから。

今から殺処分されるのに・・・・・・親しそうな目で見ないでくれ!

最後の最後まで人間を信じている・・・・・・「俺達は、お前達を殺処分するんだぞ!」

・・・・・・シッポを振らないでくれ

私たち職員は、胸が締め付けられます。その時が金曜日です。

「憎しみで吠えられた方が気分が楽になる」

この心境わかりますか?

保健所に殺処分をゆだねる前に、愛犬との楽しかった時期を思い出して下さい。

愛犬は最後の最後まであなたを信じているはずです。

愛犬が粗相したとしても、多くの場合、飼い主が躾を怠ったケースが多く、責任を愛犬になすりつけないで下さい。

犬についての正しい勉強を怠った自分(飼い主)を見つめ直して下さい。

Facebook ーより引用
23233_01

出典:Facebook

現在、渡辺さんは保健所での体験を元に、動物愛護のボランティア団体「ホームピーナッツ」と一緒に、「こころの授業」という命の大切さを伝える活動を行っているそうです。

環境省によると、平成26年度の飼い主が保健所に連れてきた犬の数は約8千頭。どんな事情があるにせよ、共通することは「飼えなくなったから」という人間の勝手な理由です。

飼う前に、本当に自分がその子を幸せにできるか、真剣に考えてください。どうしても手放さないといけない事情があるなら、責任をもってその子が新しい幸せを見つけられるまで努力をしてください。

今一度、尊い命が消えていく現実を直視し、命の大切さをしっかり考えていかなければいけません。

出典
HOME PEANUTS平山 ガンマン Facebookより

Share Tweet LINE