grape [グレイプ]

「職場でノンアルコールビールを飲んだら、注意された」 何がいけないの?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

※写真はイメージ

発売開始後、年々売り上げをのばしている『ノンアルコールビール』。取り扱う店も増えてきました。

※ノンアルコールビール…ノンアルコール飲料の中でも、ビールテイストのものを指す。酒税法において、アルコール分1%以下は酒類とみなされないものの、アルコール分が0.05%以上〜1%以下は『低アルコール飲料』、0.05%以下のものを『ノンアルコール飲料』と区別される場合が多い。

いまやすっかり世間に定着した印象を受けるノンアルコールビールですが、こんな問題も寄せられています。

仕事中にノンアルコールビールはナシ?

2016年6月、ネットの掲示板に投稿されたのは「勤務中にノンアルコールビールを飲むことの是非」についての質問。

否定的な意見が寄せられる一方で、「ノンアルコールなのだから問題ない」と肯定的な声も目立ち、白熱した議論が展開されました。

職場でノンアルコールビールを飲むことに対する議論は、いまに始まったことではありません。似たような質問は以前から多く、そのたびにさまざまな意見が飛び交っていました。

賛成派の意見

  • ノンアルコールなんて、ジュースと同じじゃん。何がいけないの?
  • 休憩時間中であれば問題ないと思います。
  • 『ビールテイスト』なだけで、ビールではないでしょ。コーヒーやコーラとの違いは何?

賛成派の大多数をしめるのが「アルコールは入っていないから問題ない」といういう意見。

確かに、販売されているノンアルコールビールの多くはアルコール度数が0.00%となっています。

その点ではほかの清涼飲料水と同じという意見にも、納得できる部分はあります。

一方で否定派の意見はというと…。

否定派の意見

  • TPOって知ってる?
  • アルコールが入っていなくても『ビールテイスト』としているのだから、ビールと同じ扱いをしてもいいのでは?
  • 見た目が紛らわしい。周りに誤解を与える行為は慎むべき。

コメントにもあるように「見た目が紛らわしい」との意見は多く、grape社内で同様の質問をしてみたところ、似た答えが返ってきました。

見た目は一般的なビールと区別がつきません。誤解を招きやすいので、NOです。

また、もしも職場でノンアルコールビールを飲んでいる人がいたらどう対処するかという質問に対しては…。

水やお茶、清涼飲料水等を飲んでくださいと勧めますよ。

過去には、職場でノンアルコールビールを飲んで出勤停止になった会社員のエピソードが、ネットで話題を呼んだこともありました。

会社によって対応は異なるものの、場合によっては問題視される可能性もあるということ。

「お酒が飲めなくても、雰囲気を味わえる」「妊娠中や授乳中でも飲めるから助かる」と、人気が高いノンアルコールビールですが、時と場合をよく考える必要があるようです。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top