grape [グレイプ]

食事マナーに堂本光一が持論 「マナーができていないと…」の言葉に共感

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

2018年7月9日深夜に放送されたラジオ番組『KinKi Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で、堂本光一さんが食事マナーについての持論を語り、称賛の声が集まりました。

マナーができていないと

番組では「女性は男性のどこを見ているか」というテーマでお便りを募集。「食事のマナーについて見ている」というお便りを冒頭で紹介していました。

私は男性の食事のマナーを見てしまいます。

食べる時にくちゃくちゃと音を立てていたら、たとえ好きな人でも多分一発で冷めます。

ただ、完璧なマナーを求めているのではなく、最低限、魚の食べかた、お茶碗にご飯粒が残っていない、ヒジをついて食べない、箸で器を寄せない、といったことができていたら魅力的だなと思います。

KinKi Kidsどんなもんヤ! ーより引用

光一さんは女性からのお便りに共感しますが、1人で食事をする時はヒジをついて食べてしまうこともあるといいます。

しかし、人前での食事となるとまったく違うようです。

人前で食事をする時は、相手に不快な思いをさせないとか、そういったところで自分は気を付けようって気になるけど。

あと、そういうマナーができてないのって、ある意味自分の両親に恥をかかせてしまう気がしません?

やっぱりしつけの部分やから。

それを思うと、やっぱりちゃんとしなくちゃなって気になりますけどね。

KinKi Kidsどんなもんヤ! ーより引用

食事のマナーは、多くの人が子どものころに両親から学びます。

そのマナーがしっかりとできていないということは、「両親が教えなかったのではないか?」と見られてしまうと考えていたのです。

「自分ができないことで両親に恥をかかせてはいけない」という思いが光一さんには強くあるのでしょう。

光一さんの持論に共感の声が寄せられました。

・食事のマナーは重要。両親にまで気が回る考えかたが素敵です。

・こういう考えかた好きです。いい家庭で育ったんでしょうね。

・自分だけでなく、両親にまでつなげて考えられるっていいですよね。見習わないと。

最低限のマナーができていないと、自分だけでなく家族単位で「あそこの家はダメだ」とレッテルを貼られてしまうこともあります。

「マナーは自分のためだけではない」と考えると、いつもより気を使って食事をとることができそうですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
KinKi Kidsどんなもんヤ!

Share Tweet LINE