grape [グレイプ]

これ、なんて呼んでた? 「懐かしい!」「すごく痛かった」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

子どものころは、服が汚れたり虫が寄ってきたりするのにもかまわず、空き地などで無邪気に遊んだものです。

その時のワクワク感は、大人になってほほえましく思い出されるもの…。

ですが、この写真を見たら「懐かしい」のと同時に、「イヤだった!」と感じるかもしれません。

「こいつの恐ろしさ」

写真をTwitterに投稿したのは、HAYASE. (@KIHA85_0)さん。

「田舎者なら分かるこいつの恐ろしさ」

こうコメントを付けて投稿された写真を見た人たちからは、「厄介だった!」「田舎者じゃないけれど分かる!」と多くのコメントが寄せられました。

何の写真かというと…。

草が密集しているところに立ち入ると服にくっついて来る、トゲトゲして痛いナゾの植物!

皆さんは、これをなんと呼んでいましたか。投稿者さんがアンケートを取った結果、このような回答がありました。

『くっつき虫』『ひっつき虫』と呼んでいた人が多かったようですね。

同じように服に付いてしまうものとして、『オナモミ』を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

オナモミ

・いっぱいくっ付けて帰って、母に怒られた思い出。

・よく、飼い猫が体に付けて来た。

・取り除くのが大変だったなぁ。

・ドロボウとか、ドロボウ草って呼んでいました。

・田舎じゃなかったけれど、子どものころはたくさんありましたよ!

投稿者さんの写真を見て、たくさんの人が子ども時代を思い出した様子です。

このトゲトゲの正体は、キク科の雑草で『センダングサ』属の植物の種子。意外にも、可憐な花を咲かせるところが、さらに小憎らしい植物ですね。

シロノセンダングサの花


[文・構成/grape編集部]

出典
@KIHA85_0

Share Tweet LINE コメント

page
top