grape [グレイプ]

ままごとで『羊』の役を命じられた父親 まさかのオチに、腹筋崩壊!

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

子どもが家庭生活の真似ごとをして遊ぶ、ままごと。時には大人も巻き込んで遊ぶこともあります。

ままごと遊びをするひと組の親子の会話が「面白い!」と、Twitterで反響を呼んでいます。

ヒツジ役を任された父親

娘さんとの会話をネット上に投稿したのは、父親の昆布山葵(@konbuwasabi)さん。

ある日、ままごとをしている際に娘さんから「ヒツジの役をやってほしい」といわれます。

投稿者さんが渾身の力をふりしぼり、ヒツジの鳴き声を真似して「メェー!」と叫ぶと、娘さんは…。

「ちょっとヒツジ!ふざけてないで洗濯でもしてきなさい!」

※写真はイメージ

なぜか、娘さんはご立腹な様子。投稿者さんはヒツジになりきって、反論します。

「ヒツジに対する期待が大きすぎるメェ」

「ヒツジに家事を期待しないで」と訴える投稿者さんに対して、娘さんは…。

「何いってるの、まったく!お嬢様に向かって!」

そこで、ようやく投稿者さんは己の勘違いに気付くのです。

「ヒツ…あっ!執事か!」

※写真はイメージ

娘さんは父親に、『ヒツジ』ではなく『シツジ』の役をやってほしかったようですね。

ネット上では、親子のゆかいなやり取りに、吹き出す人が続出しています。

お嬢様の役になりきっていた娘さんにとって、突然「メェー」と鳴き出す父親は、不可解だったに違いありません。日本語の面白さを改めて感じるエピソードでした!


[文・構成/grape編集部]

出典
@konbuwasabi

Share Tweet LINE

page
top