三陸鉄道 駅員が今日卒業を迎える高校生に伝えたかった想い「みんな愛おしい」

テレビ小説「あまちゃん」の舞台でもあり、東日本大震災で被災した地域でもある、久慈駅に置かれた一つのメッセージボードが多くの感動を呼んでいます。

「ありがとう」と「おめでとう」

久慈駅に置かれたメッセージボードには、今年高校を卒業し新たな世界へと羽ばたく、卒業生に向けてこのようなメッセージが書かれています。

19540_03

高校卒業おめでとう~津波・5年・旅立ち~

海が盛り上がって、車が流されて、そんな映像なんか見たくない。

小学生のころ、家族で見た夏の碧い海がいい。

みんな前を向いて生きろと言っても、マイナスからの出発環境なんて辛すぎる。

そんなことを言っている君たちの心の真ん中が心配です。

どうかその分“いいこと”がたくさんおとずれますように・・・。

世間の波に呑みこまれないように、、どうか皆様助けてあげてください。

あまちゃん北三陸駅で通学したことが、これから先、何かの機会に人生の糧となることを願っています。

ほんとにみんなみんな愛おしい。

そして“さんてつ”を利用してくれてありがとう。

心から御礼申し上げます。

高校卒業おめでとう!みんなに幸あれ!

三陸鉄道 久慈駅

三陸鉄道ブログ [鉄ログ] ーより引用

久慈駅のみなさんが、高校生たちをどんな気持ちで見守ってきたか、温かく愛おしい気持ちの伝わるメッセージ。

実際にどういった気持ちで書かれたのか、メッセージを書かれた久慈駅の副駅長・駒木さんに、その思いをうかがいました。

―― どういった気持ちを込めてメッセージを書かれたのですか?

2011年に起きた震災によって、長年住んだ家を流されたり、大切な家族を流されてしまったりと言葉には尽くせないほど、悲しいことが数多くありました。

そんな心にも経済的にも余裕のない中、三陸鉄道を使ってくれたみなさんに、少しでも「ありがとう」という気持ちを伝えたい。そして新しい世界へと羽ばたく卒業生たちに「おめでとう」という気持ちを伝えたくて書かせていただきました。

―― メッセージは毎年出されているのですか?

今年で4回目になります。

震災当時に一年生だった子供たちが、卒業する2013年に卒業生に向け、メッセージを書いたのが始まりです。

以来、2013年から様々な想いを込めてメッセージボードを書き続けています。

ちなみに、メッセージボードは、3月1日に卒業式を迎える地域の高校生たちへ向け、2月19日から震災のあった3月11日まで設置するとのことです。

19540_02

メッセージボードを読んだ方からは、「涙が出そう」「心が温まった」というコメントが数多く寄せられていました。

5年という月日が流れても、震災で受けた心の傷が完全になくなることはありません。

ただ、こういった地域の方々の温かな応援は、心の支えになり、新しい世界に羽ばたく力になりそうですね。

今年、卒業を迎えるみなさん、心からおめでとう!沢山の「いいこと」が訪れますように!


画像は三陸鉄道様より提供いただいております。無断使用、転載等はご遠慮ください。

出典
三陸鉄道ブログ [鉄ログ]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

注目記事

あわせて読みたい

新着記事

おすすめ記事












検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop