全日本で表彰台を逃した浅田真央 先輩からの温かなエールが泣ける

提供:産経新聞社

2016年12月25日にフィギュアスケート全日本選手権の女子フリーが行われ、前日のショートプログラムで8位だった浅田真央選手は順位を落とし、12位となりました。

トリプルアクセルなどのジャンプで転倒し、2002年の初出場以来、全日本選手権では自己ワーストの結果に終わった浅田選手。

提供:産経新聞社

2017年3月に行われる世界選手権への出場も絶望的な状況です。

「現役を引退するのでは」といった憶測もありましたが、試合後、報道陣の前で現役続行の意思を示しました。

そんな浅田選手の姿を見て、苦楽を共にして来た先輩スケーターがメッセージを贈ります。

自ら体験したからこそ分かる浅田選手の胸のうちと、アスリートとしての生き様を後押しするエールを贈ったのは…

「頑張れ真央ちゃん」のエールが涙を誘う

出典
@Japan_Olympic@fumiesuguri

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop