grape [グレイプ]

浅田真央「理不尽な採点はありました。でも」 続く言葉に、称賛の声

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

2018年3月24日に放送されたトーク番組『サワコの朝』(毎日放送系)に、浅田真央さんがゲスト出演しました。

2017年に現役を引退した後、プロスケーターやタレントとして活躍している浅田さん。

引退からちょうど1年が経ち、司会の阿川佐和子さんと現役時代のエピソードについて話を展開しました。

『理不尽な採点』に対する、浅田真央の言葉に称賛の声

2010年、バンクーバーオリンピックで2位になった時について、浅田さんは「すごく悔しかった」とコメント。

フィギュアスケートの採点は審査員の自己判断なうえ、大会によって審査員が異なる点について、阿川さんが「『あれは私のほうが上の点よ!』なんて時はなかったんですか?」と質問します。

すると、浅田さんは少し間を置いてから「ありました!」と笑顔で返答!

驚いた阿川さんが「『どう考えても理不尽だわ!』みたいな?」と聞き返すと、浅田さんは再び「ありました!」と力強く返します。

そして、その時の心情についてこのように言葉を続けました。

だけど、もう誰が何といっても1番だって思ってもらえるくらいな演技をしようって、逆に思いました。

サワコの朝 ーより引用

明らかに納得のいかない採点をされ、負けてしまっても、悔しい気持ちをバネにして前を向いたという浅田さん。

きっと、明らかに理不尽な採点を自分がされたら、多くの人は不満を吐き出したり、抗議したりすることでしょう。

しかし、浅田さんは決して弱音を吐かず、持ち前の強い心で乗り越えてきたのです。

【ネットの反応】

・真央ちゃんがいうと説得力がハンパない。あからさまなこともあったからなあ。

・表では文句をいわない真央ちゃんが大好きです。

・いろいろあったってファンには分かる。でも、真央ちゃんは一度も不満もいい訳もしなかった。

・言葉より行動で示す姿、本当に憧れます。

・真央ちゃんは悔し泣きはしても、不満を口には出さず誰のせいにもしなかったよね。

ファンだけではなく、多くの人が浅田さんの前向きな言葉に心打たれました。

幼いころからフィギュアスケートに全力で取り組み、時には涙を流しながらも自分を磨き上げた浅田さん。

その素晴らしい演技は、プロスケーターとなったこれからも多くの人の心を突き動かし、たくさんの感動を届けてくれるに違いありません。


[文・構成/grape編集部]

出典
サワコの朝

Share Tweet LINE コメント

page
top