SNSで話題沸騰!福島県の『酪王カフェオレアイス』が爆売れ状態に!

福島県郡山市にある酪王(らくおう)乳業株式会社が1976年から販売している、『酪王カフェオレ』。

コクのある福島県産の牛乳を50%以上使用しており、風味良いコーヒーとのハーモニーが大人気の商品です。

長年多くの人に愛され続けている、酪王カフェオレ。

なんと、2016年秋に新たなる進化を遂げ、カップアイスになりました!

あっという間に完売!福島県『酪王カフェオレアイスクリーム』が大人気

2016年11月中旬に発売されたのが、こちらの『酪王カフェオレアイスクリーム』。

6000個を福島県内で販売したところ、SNSを中心に口コミが拡散。その結果、わずか2週間で完売する事態に!

急きょ再生産をすることになり12月24日から24,000個を出荷したものの、こちらもおよそ2週間ほどで完売したのだとか。

昨年はソフトクリームを販売していた

2016年のゴールデンウィーク、福島県内にある道の駅などで『酪王カフェオレソフトクリーム』を販売していた酪王乳業。

「懐かしの味、アイスになっても素晴らしい!」
「美味しい!家に持ち帰って食べられたらなぁ…」

そういった地元の人からの多くの声を受け、今回カップタイプのアイスを販売することにしたのだそうです。

酪王乳業に問い合わせたところ、『酪王カフェオレアイスクリーム』の次回の販売は2017年1月下旬予定。24,000個を販売するとのこと。

福島県外では、東京にあるアンテナショップ『日本橋ふくしま館』にて少量販売予定だそうです。


[文/grape編集部]

出典
酪王乳業株式会社

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事









検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop