「タイヤを履くのも10年目か」使用済みチューブをスニーカーに

日本初となる靴のアッパー部分全面に『使用済みタイヤチューブ』を再利用したスニーカーシリーズ「SEAL®」。

2017年で10周年を迎え、記念モデルとなる『スニーカー301 BLACK MODEL』を発表しました。

記念モデルは、大型トラック用の使用済みタイヤチューブを粉砕などの特殊な加工はせず、素材感を活かしながら全面にリユース。

高い防水性により、雨や雪の日などでも気にせず使え、汚れにも非常に強く、メンテナンスが簡単なタフなスニーカーとなっています。

バルカナイズ製法を採用し、国内職人の手により丁寧に制作されているため、大量生産が困難な希少性の高い製品です。

また、SEALブランドでは「環境保護団体に売上げの1%を寄付」「製品1つで1本の苗木を寄付する」などの取組みを行っております。

廃材を利用しているため、形は同じでも1つずつ質感の異なる靴に仕上がる記念モデル。こんな形で環境保護に参加するのもいいかもしれませんね。

スニーカー301 BLACK MODEL

価格:18900円
素材:表・廃タイヤチューブ、本革、 内部・合皮
販売店:東京・大阪・横浜のSEAL直営路面店
発売日:2017年6月15日 200足限定


[文・構成/grape編集部]

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop