grape [グレイプ] society

未完の大作となりかけた『ベルセルク』 連載再開を発表

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:アニメ「ベルセルク」第2期公式サイト スクリーンショット

漫画『ベルセルク』などで知られる、漫画家の三浦建太郎さんが亡くなったニュースが、日本中を駆け巡った2021年5月20日。

1989年に連載開始した『ベルセルク』は、最新刊である40巻が2018年に発売され、続きを待ち望む声が絶えませんでした。

そんな中での、突然の作者の訃報。

一時は『未完の大作』といわれた『ベルセルク』でしたが、三浦さんがこの世を去ってから約1年が経った2022年6月7日、連載再開が発表されました。

再開後の連載は、三浦さんが生前、周囲に話していた『ベルセルク』のエピソードやキャラクターをもとに構成していくとのこと。

また、生前の三浦さんが記した構想メモと、キャラクターデザインも見つかったといいます。

「三浦さんが作ろうとしていた原稿を、我々が完璧に形作ることは不可能ですが、三浦さんが話していたことから決して逸脱しないように、漫画を校正していきます」

白泉社 ーより引用

連載再開にともない、そうコメントを発表した青年漫画雑誌『ヤングアニマル』の編集部。

今後、監修を三浦さんの親友であり、漫画家の森恒二さんが、漫画は『ベルセルク』で三浦さんのアシスタントを務めていた『スタジオ我画』が担当するといいます。

また、連載再開後のクレジットは『原作・三浦建太郎 漫画・スタジオ我画 監修・森恒二』となります。

連載再開の発表は大きな話題を呼び、期待の声が多数寄せられました。

連載再開は、2022年6月24日発売の『ヤングアニマル』13号から。新たな『ベルセルク』の始まりの日を、多くのファンが待ち望んでいます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@berserk_project白泉社

Share Tweet LINE コメント

page
top