grape [グレイプ] trend

和菓子のイメージを変える『和菓子』 涼しげな雰囲気に魅了される人が続出

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

『和菓子の日』として知られる、6月16日。

その歴史は古く、平安時代に仁明天皇が『16』の数にちなんだお菓子や餅などを神前にお供えし、健康招福を祈り、元号を『嘉祥(かじょう)』に改元したことが由来とされています。

そんな歴史ある記念日に、栃木県真岡市にある『紅谷三宅』の店主・三宅正晃(@beniyamiyake)さんが、現代的な和菓子をTwitterに投稿し、反響を呼びました。

もったいなくて食べられない!かわいすぎる和菓子

三宅さんがTwitterに投稿したのは、梅雨のじめじめとした雰囲気を忘れてしまう、清涼感ただよう和菓子。

『和菓子界の南極』と題した、その和菓子に、多くの人が魅了されました。

アザラシと赤ちゃんペンギンは、練り切りで作られており、中身はこし餡。

和菓子でよく使われる『木型』などは使わず、一つひとつ職人の手で仕上げているため、動物たちはポーズはもちろん、それぞれ微妙に表情も違います。

また、氷に見えるのは、琥珀糖。涼しそうな雰囲気は、見ているだけで清涼感を覚えます。

『和菓子界の南極』以外にも、往来の和菓子のイメージを変える作品をいくつも作り出している三宅さん。

格式高い伝統的な和菓子ももちろん素晴らしいですが、こうした親しみやすい作品は、和菓子の世界を知らない人にとって、興味を持つきっかけにもなることでしょう。

「食べてしまうのがもったいない」とすら思えてしまう『和菓子界の南極』は、まさに芸術品ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@beniyamiyake

Share Tweet LINE コメント

page
top