grape [グレイプ] lifestyle

「簡単すぎ」「天才」 インナー類を一瞬で見分けられるようになる収納テクニック

By - COLLY  公開:  更新:

Share Post LINE はてな コメント

※写真はイメージ

レギンスやタイツ、靴下や肌着などのこまごました衣類は、収納ケースの中で「どこにいったっけ?」となりがち。しかも、気が付いたら全て黒色で、どれがどれか全然見分けが付かないということもあるはず。

この記事では、インナーの見分けが一瞬で付くようになる収納テクをご紹介します。

もう迷わない! インナーの収納術

目からウロコのアイディアを教えてくれたのは、整理収納アドバイザー野村京子(house_refresh)さん。100円ショップに売っているアイテムだけでできる、簡単に見分けられる収納方法を紹介してくれています。

ブックエンドを使う収納テク

用意するものは、不織布の仕切りケースとブックエンドです。

ブックエンドを仕切りとして立てていき、その間に種類ごとにインナーを入れていきます。

これだけでも整って取り出しやすくはなりますが、このままだと何がどこに入っているのかは分かりませんよね。

そこで使うのはダブルクリップ! ダブルクリップの面にマスキングテープなどに「タイツ」「肌着」などの種類を書いたラベルを貼り、仕切りのブックエンドに挟んでいくだけ。

こうすることで、どこの仕切りに何が入っているのか一目瞭然。しまう時も取り出す時も、迷うことが減りそうです。

このケースごと衣装ケースや引き出しに入れれば、小さなアイテムもごちゃごちゃになりにくいですね。

ほんのひと手間で、綺麗に収納できて取り出しも迷わず、時間も無駄になりません。簡単なので、ぜひみなさんもトライしてみてください。

※再生ボタンを押すとInstagram上で動画が再生されます。


[文・構成/grape編集部]

出典
house_refresh

Share Post LINE はてな コメント

page
top