「メキシコとの国境には壁ではなく橋を」 スタバCEOが大統領令に反旗

アメリカのドナルド・トランプ大統領が、2017年1月27日に署名した大統領令。

シリア難民のアメリカへの入国を禁じ、難民受け入れプログラムも停止。また、中東やアフリカなど7ケ国からの入国希望者に対し、ビザの発給を90日間中止するというもの。

「イスラム過激派のアメリカ入国を防ぐため」とされていますが、この判断には多くの非難の声が寄せられています。

そんな中、大手コーヒーチェーンの「スターバックス」が対抗措置とも言うべき施策を発表します。

スターバックスの最高経営責任者(CEO)であるハワード・シュルツ氏が1月29日に公式Webページで公開した声明。

それは、トランプ大統領が署名した大統領令を真っ向から否定したものでした!

「前代未聞の時代を生きている」と痛烈な批判を展開

出典
Starbucks

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop