「いつまでも18人」プロ野球選手が、亡き球友に捧げた『1枚の写真』に涙

高校野球の名門・履正社高校。

東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手やオリックス・バファローズのT-岡田選手など、プロ野球で活躍するスターを多く輩出しています。

2016年夏の甲子園で活躍し、ドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団した寺島成輝投手も、履正社高校出身の1人。最速150kmの速球を武器に、プロの舞台でも活躍が期待されています。

そんな寺島投手と共に、夏の甲子園に出場し、5割を超える打率を残して注目を集めていた福田観大さん。

寺島投手とは異なり、大学に進学していたのですが…7月8日に報じられたニュースに多く野球ファンが驚かされました。

8日午前11時50分ごろ、兵庫県明石市大蔵海岸通の大蔵海岸海水浴場で、大阪府柏原市旭ケ丘の大学1年、福田観大さん(18)が溺れているのをライフセーバーが発見、病院に搬送されたが間もなく死亡が確認された。

産経WEST ーより引用

福田さんは18歳という若さで帰らぬ人となってしまったのです。

名門高校の野球部に所属し、甲子園で活躍した選手の突然の訃報に、Twitterには「ご冥福をお祈り申し上げます」という多くの声が上がりました。

チームメイトだった寺島投手も、福田さんへの想いを高校時代の写真と共にTwitterに投稿。大きな反響を呼びました。

観大、ありがとう。
天国でこのツイート見ろよ。
天まで届け。

いつまでも18人。

写真は履正社高校に通っていたころのもの。寺島投手や福田さんも写っています。

そして、18人というのは同期の部員数でしょう。この言葉からは、苦楽を共にした仲間への愛情と尊敬が感じられます。

寺島投手だけでなく、履正社高校で共に戦ったチームメイトたちがインターネットを通して、福田さんにメッセージを贈っています。仲間たちの優しい気持ちは、天国の福田さんに届いているはずです。


[文・構成/grape編集部]

出典
@79Pfb産経WEST

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly
grape アワード

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop