全身を紫に塗られた子猫 保護され見違えるほど綺麗になった姿に涙

出典:@SmurfandWanda

2016年、アメリカ・カリフォルニア州にある動物保護施設『Nine Lives Foundation』に保護された、生後2か月ほどの子猫。

2017年に公開された写真では、見違えるほど綺麗な姿を見せてくれました!

虐待を受けていた子猫

保護された当時、小さな体には無数のキズがあり、全身を紫色に塗られるなど、虐待を受けていることが見て取れました。

子猫は『スマーフ』と名付けられ、すぐに治療を受けます。

傷などは徐々に治癒していきましたが、紫色の染料は体の深くまで染み込み、毛を剃ってもなくなりませんでした。

また、虐待を受けていたスマーフの心は深く傷付いており、人間に対して警戒心がなくならなかったそうです。

しかし、スタッフは献身的な世話を続けます。そして数週間後には紫の色は薄くなってきました。

さらにスマーフは、保護施設で同じような境遇の『ワンダ』と出会います。

すぐに打ち解けた2匹は、いつも一緒にいるほど仲がよくなりました。

その後、幸運にもスマーフとワンダは同じ里親に引き取られ、幸せな生活を送ります。

温かい家族に迎え入れられ、大きく成長したスマーフをご覧ください。

傷付き、染められていた毛も、いまでは綺麗な毛並みになっています。

スマーフとワンダの幸せそうな姿に、温かいコメントが寄せられました。

・とてもいい写真ですね。スマーフが完全によくなり、ワンダもこれからさらに成長してほしいです。

・スマーフはこんなに成長したんですね。綺麗になって本当によかった。

・スマーフたちを助けてくれてありがとう。そして、元気な姿を見せてくれて嬉しいです。

人間にひどい仕打ちを受けながらも、温かい家庭に迎え入れられ、幸せな生活を送ることができた2匹。これから先も、元気な姿を見せてもらいたいですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@SmurfandWanda

この記事を友だちにシェアしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

grape SHOP




grape SHOP

おすすめ記事














検索

週間アクセスランキング TOP10











気になるしゃべりを掘りおこす「しゃベル」ニッポン放送
PageTop