grape [グレイプ]

高島礼子が納棺師を演じた映画『おみおくり』 公開を前に、3/14完成披露!

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

死者を棺に納めるために必要な作業を行う納棺師(のうかんし)。

2008年に公開された映画『おくりびと』で、その存在が世間に知られました。

そして、2018年3月24日…今度は、女性納棺師を描いた映画『おみおくり』が公開されます。

女性納棺師を通して描かれる『見送る人』と『見送られる人』の物語

主演は女優の高島礼子(たかしま・れいこ)さん。女性納棺師としての誇りや葛藤を見事に表現しています。

高島さんの助手で、納棺師として成長していく女性を文音(あやね)さんが好演。

ほかにも2017年の『第12回 随心院ミス小野小町』でグランプリを受賞し、活動の幅を広げている風谷南友(かぜたに・なゆ)さんも出演。

7つのお別れのエピソードを通し、『見送る人』と『見送られる人』との関係を描いています。

予告編が公開されているので、ぜひご覧ください。

2018年3月14日(水)に完成披露上映会!

24日(土)の公開に先立ち、3月14日(水)には有楽町スバル座で完成披露上映会が行われます。

高島礼子さんや文音さんのほか、伊藤秀裕監督も登壇予定。また、主題歌を担当した2VOICEが登場し、ミニライブを行います。

詳しい情報は、公式ウェブページでご確認ください。

幸せに生きるとは?
幸せに一生を終えるには?

女性納棺師を通して、人生そのものを考えさせられる良作です。ぜひ劇場でご覧ください。


[文・構成/grape編集部]

出典
映画『おみおくり』予告編(特報)映画『おみおくり』

Share Tweet LINE