grape [グレイプ]

1人で歩く女の子 バス運転手の『違和感』が彼女を救う

By - grape編集部  作成:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

アメリカ・ウィスコンシン州でのこと。路線バスを運転していたティファニーさんが、ふと路上に目をやると、小さな女の子が1人で歩いていました。

女の子の歩く姿に違和感をおぼえたティファニーさんは、バスを停めて彼女に声をかけます。

ティファニーさんの予感は的中。女の子は迷子で、1人フラフラとあてどもなく歩いていたのです。

この後、ティファニーさんは警察に連絡し、女の子は無事に家に帰ることができました。 走行中のバスの中からちらっと見ただけで、「迷子ではないか」と気付くとは、見事なカンの鋭さです!

長年バスを運転しながら、いろいろな人を見続けてきたドライバーゆえのお手柄ですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Bus Driver Pulls Over to Help Lost Girl Trying to Find Her Way Home

Share Tweet LINE