grape [グレイプ] trend

群馬県のゆるキャラ『ぐんまちゃん』 中の人の給与が明かされる

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

首都圏に位置しながら、豊かな自然に恵まれ、草津や伊香保をはじめとした多くの温泉地を有する群馬県。

※写真は草津温泉

こんなにも魅力にあふれているのですから、全国的な知名度は高いはずです。

しかし、なぜかネット上では『未開の地』などといわれ、ネタにされてしまうことも。いつしか、愛を込めて『グンマー帝国』と呼ばれるようになりました。

そんなグンマー帝国には、『ゆるきゃら®グランプリ 2014』で1位に選ばれたこともある、『ぐんまちゃん』という可愛らしいマスコットキャラがいます。

このぐんまちゃんに関わる『情報』が、グンマー帝国の外で生活する人たちに衝撃を与えています。

『中の人』なんていないよ…いないよね?

きっかけは、Twitterに投稿されたこんな書き込みでした。

ぐんまちゃんの『中の人』の求人してる!

待ってください、『中の人』って何ですか…。

ミッキーだって、ふなっしーだって、みんな『中の人』なんていないはず…。

そう、着ぐるみの世界において『中の人』の存在に触れるのはタブー。「『中の人』はいない」というのが暗黙の了解です。

それにもかかわらず、堂々と募集をかけるなんて…これでは『中の人』の存在を認めたも同じではありませんか!

ちなみに、契約社員での募集で、給与は月給16万円。1時間休憩の9〜18時勤務で、実働は8時間です。

イベント支援のほか、ぐんまちゃん着ぐるみによるTV、雑誌出演などが主な仕事とのこと。

さすがグンマー帝国、暗黙の了解を打ち破り、詳細に募集情報を書き込むなんて、怖いものなしです…!

群馬県が『グンマー帝国』と称される理由は、こういうところなのかもしれません。


[文・構成/grape編集部]

出典
タウンワーク

Share Tweet LINE コメント

page
top