grape [グレイプ] entertainment

向井理が「育児は不安」とポツリ 「性格が悪い」という噂の真相は?

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Post LINE はてな

俳優として活躍する向井理さん。

数々の話題作に出演し、オリコンの『恋人にしたい男性有名人ランキング』で第1位に輝いたこともあるイケメンです。

そんな向井理さんの現在の育児生活や、「性格が悪い」という噂の真相など、さまざまな情報をご紹介します!

向井理ってどんな人?

まずは向井理さんのプロフィールをチェックしていきましょう。

生年月日:1982年2月7日

出身地:神奈川県

血液型:O型

サイズ:身長182cm

趣味:お酒、料理

特技:サッカー

最終学歴:明治大学農学部生命科学科卒業

所属事務所:ホリ・エージェンシー

向井理さんが芸能界に入ったきっかけは、働いていたバーで受けたスカウトでした。

当時は芸能界に興味がなかったそうですが、後にマネージャーになるスカウトの女性の熱意に心を動かされ、「一緒に仕事するなら、こういう熱い人とやりたい」と思ったといいます。

しかし、当初は芸能界入りしたもののほとんど仕事がなく、バーで働く日々が続いていたそう。

※写真はイメージ

仕事が入り始めたのは2006年からで、ドラマ『白夜行』(TBS系)や『レガッタ〜君といた永遠〜』(テレ朝系)などに少しずつ出演し、注目され始めたのは『のだめカンタービレ』(日テレ系)でチェリストを演じた時からでした。

それからは芸能界での仕事がどんどん増え、知名度も上がっていき、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』(NHK)でブレイク。一躍人気俳優の仲間入りを果たしました。

その後もドラマ『S -最後の警官-』(TBS系)や映画『小野寺の弟・小野寺の姉』など、数々のドラマや映画に出演。現在も第一線の俳優として活躍しています。

向井理の妻は国仲涼子 育児は順調?

向井理さんは、2014年12月に女優の国仲涼子さんと結婚しました。

女優の国仲涼子さん

向井理さんは報道各社に、このようなFAXを送っています。

婚姻届を提出したことをご報告させて頂きます。

伴侶を得たことで、より一層俳優業に精進する所存でおりますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

交際するきっかけになったのは、ドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)での共演。

2人は同作の撮影当時から仲がよく、最初はグループで食事をする仲間という関係でしたが、次第に2人きりで食事をするようになり、交際に発展したといいます。

それから約2年半、関係を温め、結婚に至りました。

また、2人の間には2015年9月に男の子が生まれており、2017年9月には第2子妊娠を国仲涼子さんが発表しています。

皆様にご報告があります。

この度、私達に新たな家族ができることがわかりました。

現在は安定期に入ったばかりで、体調は良好ですが大切な時期でもあり、静かに見守っていただければ幸いです。

これからも温かなご指導、応援を賜りますよう宜しくお願い致します。

ライジングプロダクション ーより引用

長男が生まれる前に、TV番組で「不安が大きいですね。大丈夫かな、自分で」と、自分が立派な父親になれるかを心配する様子を見せていた向井理さん。

週刊誌によると、現在は子供の面倒をしっかりと見るよきパパになっているようで、子供のオムツ替えはもちろん、料理などの家事もこなすそう。そんな向井理さんのパパぶりを、国仲涼子さんはとても喜んでいるのだとか。

2人の結婚生活は、とても順調であることがうかがえますね。

「向井理の性格が悪い」 その噂の真相は?

向井理さんの性格について、さまざまな意見が上がることがあります。中には「性格が悪い」との声も。

そういった声が上がるのは、向井理さんがブレイクしはじめた2010年ごろの態度が原因のようです。

当時、向井理さんは芸能人として活躍しつつも『普通の人』の感覚を持っていたそうで、引っ込み思案な自分が大きな注目を浴びることに抵抗を持っていたそう。

また、ドラマの撮影が重なり、膨大な量のセリフを覚えねばならず、睡眠時間は週に数時間という生活が続きました。そんな時に自分を客観的に見ることができず、ピリピリした態度をとってしまっていたのだといいます。

ブレイクしはじめたころの向井理さん 2010年

そういったことが、向井理さんに対して「性格が悪い」といわれる要因を作り上げる結果になってしまったようです。

そんな向井理さんをよく知る笑福亭鶴瓶さんは、トーク番組『A-Studio』(TBS系)の中で、向井理さんの性格を「会うたびに変わる」とコメント。注目され始めたころの向井理さんを「とがっていた」と語ります。

向井理さんは、当時の自身のことを聞かれると、このように振り返りました。

自分で自分を守るしかないと思ってましたね。現場に行っても結局、台本を読んで覚えて、それを表現するのは自分にしかできないわけですし。

それはどんなに体調が悪くても、風邪をひいても休めない仕事じゃないですか。ケガしてもダメだし、病気になってもダメだし。やらなきゃいけないんで。

だから失敗しても他人のせいにできない。それですごくとがっていたというか…。

いま自分がどうなっているのか、まったく分からずにいろいろなことが独り歩きしていって、気付いたら大変な状況になっていたという印象ですね。

A-Studio ーより引用

友人いわく「当時は1匹オオカミだった」という向井理さんも、現在はドラマの共演者とプライベートで遊びに行くこともあり、多くの友人に誕生日のサプライズを受けたこともあるそう。

笑福亭鶴瓶さんも、向井理さんの性格を「丸くなった」としきりに語っていました。

俳優として並々ならぬ情熱を持っているという向井理さん。これからの活躍にも注目です!


[文・構成/grape編集部]

出典
ホリ・エージェンシーライジングプロダクションA-Studio映画『君が君で君だ』予告編 【この愛は純情か、それとも異常か】

Share Post LINE はてな

page
top