grape [グレイプ]

朝の満員電車に犬が!? 30分揺られて、停車駅で…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:@IrishRail

アイルランドで、通勤の乗客で混み合う朝の列車に1匹の犬が乗っているのが発見されました。犬のそばには飼い主らしい人は見当たらず、自分だけで列車に乗り込んできたようでした。

キルデア州の駅から乗車してきた犬はそのまま30分ほどラッシュアワーの列車に揺られ、首都ダブリンのヒューストン駅で降りて行きます。

そこで犬は優しい駅員たちに保護され、SNSを通じて飼い主探しが始まりました。

『迷い犬を保護しています』 最初のツイート

どなたか愛犬がいなくなった人はいませんか?この小さな子をヒューストン駅で保護しています。

彼は8時46分のサリンズからヒューストン行きの列車で見つかりました。飼い主を見つけるために手を貸してください。

@IrishRail ーより引用(和訳)

約1時間15分後。まだ飼い主は見つからない

私たちが保護した迷い犬はいま、ヒューストン駅でぐっすりと眠っています。彼が飼い主と再会できるように願っています。

どうかこの投稿をリツイートしてください。

@IrishRail ーより引用(和訳)

2度目のツイートから約4時間後。犬が『ヘイミッシュ』と名付けられる

今朝、列車で通勤していた『ヘイミッシュ』は駅員の家で面倒を見ています。でも我々はまだ飼い主を探しています。

サリンズとネース地区にお住まいのかた、この犬を飼っている人を知りませんか?

@IrishRail ーより引用

地元のニュースメディアが取材にやってくる

鉄道会社の3度目のツイートから約6時間後、地元のニュースメディア『RTE News』がヘイミッシュの取材にやってきます。

そして彼のストーリーを紹介する動画をRTE NewsのTwitterに投稿し、ウェブサイトにも掲載しました。

すると翌日、ついに飼い主が見つかったのです!

ヘイミッシュの本当の名前は『タイソン』だったとのこと。もしまた迷子になってもすぐに飼い主が見つかるように、タイソンはマイクロチップを装着したそうです。

飼い主はタイソンのことを心配して、ずっと探していたということです。

この一連のツイートが話題になり、『ヘイミッシュ』はTwitterのトレンドワードにもなったのだとか。また飼い主が見つかった報告の投稿にはたくさんの人たちから喜びのコメントが寄せられています。

こっそり家を抜け出して、ラッシュアワーの列車に乗り込んだタイソン。彼が優しい駅員さんに保護されて、最後は飼い主が見つかるというストーリーは、多くのアイルランドの人たちを笑顔にしました。

ほんの1日とはいえ、きっとタイソンにとっては大冒険だったはず。彼が危険な目にあうこともなく、無事に飼い主と再会できて本当によかったですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
@IrishRail

Share Tweet LINE コメント

page
top