grape [グレイプ]

EXILE TAKAHIROが初主演映画「僕に、会いたかった」を熱く冷静に語る

By - radiko news  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

EXILEのTAKAHIROが、東海ラジオの朝のワイド番組『小島一宏 モーニングッド』で、公開中の初主演映画「僕に、会いたかった」について、錦織良成監督とともにインタビューに答えた。インタビューは、5月6日(月)から10日(金)までの5回に分けて、各日午前8時40分すぎから放送された。

今、夢中になっていることは?

第1回では「今、夢中になっていること」について、TAKAHIROは「トレーニング」と答え、事務所や自宅のトレーニングルームで、ほぼ毎日トレーニングしていることを明かした。そして「疲れているときのトレーニングで、いやな疲れが抜ける」「トレーニングで血流がよくなって声の調子も良くなる」と、その効果を語った。

映画で演じることとは?

2回目は「演技への考え方」について「演じるときにどんな意識で望んでいるか」との質問に「演技(芝居)と歌手活動との線引きはしていない。表現者としては共通する部分がたくさんある。芝居を深堀すればするほど、歌手活動に生かせる部分もある。同時に、歌手活動が芝居に生きることも実感している」とのこと。

心動かされたこととは?

この映画は、ある小さな島を舞台に、事故で記憶を失い海に出られなくなった元漁師と、彼を支える島の人々とが紡ぎ出す物語。3回目では、TAKAHIROが「どんなところに心を動かされたか」について「この映画に出てくる人たちはみんなやさしい。人の根底にあるぬくもりを感じる。まわりの人たちへの感謝の気持ち、家族の絆に改めて目を向けるきっかけになってくれたらうれしい」という思いを胸に落とし込んで演じたという。

役作りのためには?そして最後はほっこり

TAKAHIRO演じる記憶喪失の元漁師は「髭面」。EXILEとしてステージに立つTAKAHIROとは懸け離れたイメージ。さらに、衣装を体に馴染ませるために、空き時間には、衣装のまま釣りをして、地元の人たちと普通に挨拶していたそうだ。そのほか4回目の話では、共演者で母親役の松阪慶子についても触れた。そして、5回目、最終回では、ロケ地、隠岐の島での地元の人たちとの触れ合い、とてもあたたかくほっこりする話が披露された。

小島一宏 モーニングッド

放送局:東海ラジオ

放送日時:毎週月曜~金曜 7時00分~9時00分

この番組をラジコで聴く

※放送情報は変更となる場合があります。

提供:東海ラジオ

logo_radiko

radiko news

radiko news(ラジコニュース)は、ラジコで聴けるラジオ局の番組を中心に、様々な話題を発信するラジオをもっと楽しんでもらうための情報サイトです。
https://news.radiko.jp/

出典
EXILE TAKAHIROが初主演映画「僕に、会いたかった」を熱く冷静に語る

Share Tweet LINE コメント

page
top