grape [グレイプ] entertainment

森口博子の「見せパン」ばなしにスタジオ興奮!のち、やや冷静に

By - radiko news  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

歌手の森口博子が、東海ラジオ昼ワイド『山浦!深谷!イチヂカラ!』に出演し「元祖バラドル」のトーク力でスタジオを盛り上げた。番組のレギュラーコーナーで「懺悔」を求められた森口は、ステージでの「見せパン」エピソードを披露した。

野外ステージでクルッと回ったところ、すぐにマネジャーが駆け寄ってきて「ダンスをしないでください。スカートの中が丸見えです」と言われてしまった。その時、ひざ下丈のスカートを履いていたので、ステージで回ってもスカートの中が見えないと思い、いわゆる「見せパン」を履いていなかったのだ。そのとき森口は、会場のファンに向かって「見えた?」と聞くとファンは「見えた!見えた!」と大爆笑。

普段は赤いパンツを愛用しているという森口だが、その日に限って、白のお腹まであるデカパンをはいていたそうだ。ファンに「すっぽり、まるまる上まで見えた?」と聞くと「見えた」とまたまた大爆笑。その日は2回ステージで、2回目の前に見せパンを買いにいこうとしたが、時間がなくて買いに行けない。

しかし、2回目のステージでも、ダンスをしないわけにはいかない。ダンスでクルッと回って「見えた?何色?」と聞くと「ピンク!」との答え。実は、ピンクの腹巻をずり下げて生パンツを隠していたのだという。腹巻を超ミニスカートのようにして、みんなに見せながらダンスでターンを繰り返して盛り上げた。森口の機転は、本人にとって大正解となったのだ。

スタジオを盛り上げたこのエピソードが、若い頃のものかというと、実は今年の5月のことだという。これには、それまで森口の話を興奮気味に聞いていたパーソナリティの山浦から「それは懺悔ですね」とやや冷静なツッコミが入った。

さらに最近のライブツアー中、黒のスパンコールの見せパンをどこかに置き忘れ、こころあたりの場所に電話で訪ね回ったということだが、結局見つからず、私物の赤パンツで乗り切っという。ステージ衣装が赤だったので観客には気づかれなかったはずだが、その話を自らネタにしてしまうあたりが森口らしい。森口が「今日の色はちなみに」と話し始めると、山浦から「見せなくていいです」とたしなめられていた。

森口は、8月7日に「森口博子×機動戦士ガンダム 40周年カバーアルバム」をリリース。番組ではこのアルバムから、森口のデビュー曲「水の星へ愛をこめて」のバイオリン寺井尚子とのコラボヴァージョンが紹介された。

山浦!深谷!イチヂカラ!

放送局:東海ラジオ

放送日時:毎週月曜~金曜 13時00分~16時00分

※該当回の聴取期間は終了しました。

提供:東海ラジオ

logo_radiko

radiko news

radiko news(ラジコニュース)は、ラジコで聴けるラジオ局の番組を中心に、様々な話題を発信するラジオをもっと楽しんでもらうための情報サイトです。
https://news.radiko.jp/

出典
森口博子の「見せパン」ばなしにスタジオ興奮!のち、やや冷静に

Share Tweet LINE コメント

page
top