grape [グレイプ]

幻の第1話が読めるなんて…! 23年ぶりの『ドラえもん』最新刊に、ワクドキが止まらない

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

©藤子プロ・小学館

藤子・F・不二雄先生の人気漫画『ドラえもん』。テレビアニメ化もされ、幅広い年齢層のファンから愛され続けています。

ドラえもんの50周年を記念して、2019年12月1日に『ドラえもん0巻』が発売されることが決定しました!

『ドラえもん』は、小学館の雑誌『よいこ』『幼稚園』『小学一年生』『小学二年生』『小学三年生』『小学四年生』という6つの雑誌の1970年1月号で連載がスタートしました。そのため、各雑誌の対象読者別に描き分けられた、6種類の第1話が存在するのだとか。

実際にコミックスとして発売された第1巻には、『小学四年生』版を加筆・修正したものが収録されています。

左:『小学二年生』版第1話、右:『幼稚園』版第1話トビラページ

『0巻』には、存在する6種類の第1話が、ほぼ当時掲載された状態のまま収録されるとのこと。6種類の異なる始まりのエピソードを読み比べることができるなんて、ファンにはたまりませんね!

さらに、主人公を描かずに「出た!」というフキダシのみの『ドラえもん 伝説の予告ページ』も当時の状態のまま収録されます。

ドラえもん 伝説の予告ページ

『ドラえもん』の連載開始直前、予告ページの締切までに、藤子・F・不二雄先生の中で作品のアイディアが思い浮かばなかったため、こんな風変わりなページになったのだとか。

ほかにも、『0巻』には藤子・F・不二雄先生による伝説のドキュメンタリーまんが『ドラえもん誕生』や、『ドラえもん』の連載が開始された当時の背景を解説する記事ページなどが収録されています。

1996年に第45巻を発売して以来、23年ぶりとなる『ドラえもん』最新刊。この機会に、改めてドラえもんの魅力を堪能してみませんか。

ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (0巻) (てんとう虫コミックス)

藤子・F・ 不二雄
770円(11/21 08:20時点)
発売日: 2019/11/27
Amazonの情報を掲載しています

[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top