grape [グレイプ]

4~5歳児の習い事におすすめなのは『ピアノ』?その理由に納得!

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

※写真はイメージ

うちの子も、そろそろ習い事を始めた方がいいかな?

そんな風に考えているママやパパは多いのではないでしょうか。サッカーや英会話、習字など、たくさんあって悩んでしまいますよね。

中でも、ピアノや歌などの音楽は、特に4~5歳の幼児期の習い事としておすすめなんだとか。その『理由』は…。

こちらの動画は、ヤマハ音楽教室の4歳・5歳児対象の『幼児科』でのレッスンを紹介したもの。子供の発達段階に合わせて、伸びる時期に伸びる力を効果的に伸ばすという『適期教育』がヤマハのレッスンの特徴です。4~5歳の幼児期は、音楽的な耳の力(聴感覚)が最も発達する時期なのだとか。

ヤマハ音楽教室では、幼児期にたくさんの音楽を聴き、歌うことで『音感』を身に付ける訓練をします。ピアノのレッスンのはずなのに、子供たちが大きな声で歌っているのは、そのためだったのですね。

『音感』とは、ドレミを聴きわけることに加えて、リズム、音の強弱、ハーモニーなど、音楽を形作るさまざまな要素を理解して味わう力のことで、すべての演奏表現の基礎となるもの。歌詞をドレミに置き換えて歌うことも、音楽基礎力の素地を育むことにつながります。

幼児期に『音感』を身に付けることが、楽器演奏力や表現力の向上に役立ち、大人になってもずっと音楽を楽しめるようになります。

「楽譜を読んで、弾く」という一般的レッスンとは異なり、「聴く」「歌う」「弾く」「読む」「つくる」力をバランスよく育てているヤマハ音楽教室。

「聴く」「歌う」から始めるレッスンは、一見、演奏技術を身に付けるのには遠回りと思われがちですが、ヤマハは何より子供の無限の可能性を引き出すメソッドであると考えています。

ヤマハ音楽教室では、2020年5月の開校に向けて、無料体験レッスンを実施中。公式サイトで近くの教室検索や、レッスン見学の申し込みなどができます。

無料体験レッスン・レッスン見学に参加すると、もれなくヤマハ音楽教室のキャラクター・ぷっぷると、TVCMにも出演中のケロポンズのイラストがモチーフになった『パノラマシールブック』がもらえます。この機会に近くの教室に足を運んでみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top