grape [グレイプ]

一見、普通の『つくね串』 食べてみると…「こんなの初めて!」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE

シカやイノシシなど、野生動物の狩猟肉であるジビエ。高たんぱくで低カロリーなジビエは、ヘルシーな食材として注目を集めています。

ヨーロッパでは貴族の伝統料理として、古くから重宝されてきたジビエですが、江戸時代に肉食を禁じられていた日本においても、信州地方などで厳しい冬を乗り越えるために食されていたといわれています。

最近では、鳥獣被害が深刻化している日本。増えすぎてしまい獣害とされてきたシカやイノシシを食材としておいしく食べることで、農作物や森林の被害が減ると期待されています。

いまや全国のいろいろなお店で食べられるジビエ料理。 デートや飲み会など、さまざまなシーンで使える店をご紹介します!

ウルフギャング・パック

レストラン業界のアカデミー賞といわれる『ジェイムズ・ピアド賞』の最優秀シェフ賞に輝き、アカデミー賞授賞式後の公式パーティーをも手がける『ウルフギャング・パック』

本格ディナーコースから、カジュアルに楽しめるイタリアンなど、さまざまなシーンで楽しめるレストランです。

2019年のクリスマス時期には、ジビエメニューが入ったコース料理が提供されました。中でも『蝦夷鹿肉のニョッキ』は臭みがなく、ジビエ初心者でもぺろりと食べられるほど絶品なのだとか。

いただきコッコちゃん(五反田店)

焼き鳥や唐揚げなど、新鮮な国産鶏肉や北海道の食材を使ったさまざまなメニューが楽しめる『いただきコッコちゃん』。ここでは、北海道ならではのジビエ料理『エゾシカのつくね串』が食べられます。

野性的な肉のうま味がぎゅっとつまった、濃厚な一品です。甘めのたれとマッチしたクセになる味わいで、酒のつまみにぴったり!

CoCo壱番屋(小牧弥生町店)

なんと、おなじみの飲食チェーン『CoCo壱番屋』の一部店舗でも、期間限定でジビエ料理が食べられます!

イノシシ肉を使った『とよた里山猪肉キーマカレー』『とよた里山猪肉和風カレー』です。カレーとイノシシ肉というと意外な組み合わせに思えますが、食べてみるとクセがなくて相性抜群!

スパイシーなキーマカレーと、優しい和風カレー、あなたはどちらがお好みでしょうか。

表参道ワイン食堂Den

肉や旬の野菜を使った料理をリーズナブルな値段で楽しめる『表参道ワイン食堂Den』。こちらでは、『国産鹿もも肉のロースト』と『国産鹿肉の黒ビール煮込み』を食べることができます。

味はもちろん、盛り付けも華やかな一皿で、デートにぴったり!ジューシーな鹿肉でワインがすすみます。

肉匠坂井(八王子めじろ台店)

肉好きにはたまらない、国産牛焼肉食べ放題の専門店『肉匠坂井』。リーズナブルな値段で、質のいい肉を思う存分食べられるのが嬉しい店です。

こちらでは、期間限定メニューとして、エゾシカなどを使った『北のジビエ ひと口カレーまん』『北のジビエ しぐれ煮茶漬け』を食べることができます。

ひと口サイズの『カレーまん』は、焼肉の箸休めにおすすめ。だしの効いた『しぐれ煮茶漬け』はさらさらと食べられるので、〆の一品にぴったりです。

ジビエの魅力を伝える『全国ジビエフェア』開催

ジビエの魅力を全国にもっと広めるために、2019年11月1日(金)~2020年2月28日(金)の期間、一般社団法人日本フードサービス協会の主催で『全国ジビエフェア』を開催中です。今回ご紹介した5店舗のほかにも、全国1,000店以上の飲食店が参加しています。

特設サイトでは、ジビエ料理を味わえる飲食店情報や、ジビエに関する基礎知識、キャンペーン情報などを紹介するほか、家庭でできるジビエレシピも公開されています。

「聞いたことはあるけど、食べたことがない」という人も、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE

page
top