grape [グレイプ]

ピーマンを大量消費したい時はコレだ!箸が止まらないピーマン炒めの作り方とは?

By - エニママ  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

ピーマンは一年中栽培されている野菜ですが、旬の時期は5〜11月。今の時期であれば、特売などで安く手に入るでしょう。

しかし袋ごと購入しても使いきれず、冷蔵庫でしなしなになってしまうことも。せっかくであれば、無駄なく使い切りたいですよね。

ということで、今回はネットで話題のレシピをもとに、ピーマンの炒めものを作ってみました。

■材料:
・ピーマン(10〜12個)
・かつお節(2袋)
・酒(大さじ1)
・しょうゆ(小さじ1/2)
・粉末の昆布だし(小さじ1/2)

■作り方:
1.ピーマンをまな板に押し付けてつぶし、ヘタと種を手で取り除きます。

2.5ミリ程度の輪切りにします。

3.フライパンにオリーブオイルを入れ、ピーマンを入れ中火で炒めます。

4.弱火にし、10分ほどかけて焼き色を付けます。

5.酒、しょうゆ、昆布だしを入れます。

6.最後にかつお節を混ぜたら完成です。

ポイントはピーマンを炒める時に、あまり混ぜすぎないことです。様子を見ながらたまに混ぜる程度で、表面が薄い茶色になるまでじっくりと待ちましょう。

さて、完成したそのお味は…。

ピーマンに調味料やだしがしっかりと染み込んでいるため、「想像以上においしい!」「箸が止まらない!」と家族にも好評でした。

また、このピーマンの炒めものは冷めてもおいしいので、お弁当のおかずとしてもおすすめです。みなさんも、ぜひ試してみてください。


[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top