grape [グレイプ]

散歩中の犬が見つけた怪しいクーラーバッグ 中から出てきたのは…

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

出典:Fearless Kitty Rescue

アメリカ南西部の多くの地域で記録的な猛暑となった、2021年6月。

そんな暑さに見舞われた州の1つであるアリゾナ州で、1匹の犬のお手柄によって尊い命が救われる出来事がありました。

6月26日早朝、シベリアン・ハスキーのコーダが飼い主さんと一緒に散歩をしていた時のこと。

コーダが突然、何かに気付いたように走り出したのです。

コーダが駆け寄った先にあったのは、ベンチの上に置かれた黒いゴミ袋。

気になった飼い主さんが確認すると、袋の中にはクーラーバッグが入っていました。

そしてクーラーバッグを開けると、中から1匹の子猫が顔を出したのです!

実はその場所は、動物保護施設『フィアレス・キティ・レスキュー』の前。誰かが故意に子猫を置いて行ったと思われました。

子猫はジュリアンと名付けられ、すぐに動物病院で診察を受けました。

ジュリアンは健康上の問題があり、近いうちに手術が必要になるとのこと。元気になってから、里親を募集するということです。

『フィアレス・キティ・レスキュー』のFacebookには「このかわいそうな子猫は何時間もこの場所にいたと思われますが、救世主が現れました。コーダと飼い主さんには感謝してもしきれません」とつづられています。

コーダがジュリアンを見つけたのは午前5時45分頃でしたが、天気予報によるとその日の最高気温は約42℃だったそう。

そのまま放置されていたら、屋外に置かれたクーラーバッグの中はあっという間に高温になっていったはずです。

偶然その場所を通りかかったコーダのお手柄によって、尊い命が救われて本当によかったですね。


[文・構成/grape編集部]

出典
Fearless Kitty Rescue

Share Tweet LINE コメント

page
top