grape [グレイプ] trend

上野動物園の双子のパンダ、名前が決定! 「かわいさにぴったり」

By - grape編集部  公開:  更新:

Share Tweet LINE コメント

写真は『シャンシャン』

2021年6月23日、東京都台東区にある上野動物園で誕生した、オスとメスの双子のジャイアントパンダ。

同年10月8日、公募されていた双子の名前が決まりました。

双子パンダのお披露目は2022年1月の予定

東京都の小池百合子都知事が同日に開いた会見では、オスとメス、それぞれの名前と意味を次のように発表。

オス:『シャオシャオ(暁暁)』
意味:夜明けの光が差し込んで明るくなる。

メス:『レイレイ(蕾蕾)』
意味:つぼみから美しい花が咲いて、未来へとつながっていく。

思わず口に出したくなるような語感ですね!

双子の名前は、同年8月7~20日に公募。小池都知事によると、約19万件にのぼった総数上位の名前から、協議の上で決定したといいます。

生後103日が経過した同年10月4日時点で、体重は6kg以上に。歯も生えるようになったといい、すくすくと成長しているそうです。

2頭の名前が決まったことに、「いい名前をつけてもらいましたね!」「かわいい見た目にぴったり!」と多くの人が祝福しました。

2頭は、2022年1月から、同園内にある『パンダのもり』でお披露目される予定。

かわいらしい2頭の姿を見るのが、今から楽しみですね!


[文・構成/grape編集部]

Share Tweet LINE コメント

page
top